ハゲやすい髪質 メンズ軟毛は育毛剤ケア、育毛シャンプーで剛毛&薄毛改善!

ハゲやすい髪質 軟毛の人は徹底ケアを心がけて!!

ハゲ 髪質

 

髪質や頭皮の状態には人それぞれ個性があることをご存じでしょうか。
その髪質によっては、ハゲやすくなるかどうかを左右する場合があります。

 

ここではそのようにハゲと関係する髪質についてご紹介します。

まずは軟毛におすすめの育毛剤をご紹介☆

軟毛チャップアップトップ

 

軟毛で薄毛になっている人は髪の毛にコシを取り戻すことが先決です。
育毛剤を使って頭皮環境を整えれば髪にコシが戻り、薄毛の予防、改善にもなります。

 

髪の毛の性質

髪質には大きく分けて2種類の質があります。

  • 軟毛
  • 硬毛

この2つの紙質にはそれぞれどのような違いがあるのでしょうか?

軟毛

 

いわゆる“ねこっ毛”と言われる、細くて繊細な性質の髪の毛のことです。

 

軟毛は目で見ても柔らかい印象を持ち、例えばクセ毛の人が軟毛の場合はゆるやかなカール状の髪の毛となります。
柔らかい毛質の軟毛は、細くてコシがないだけではなく、硬毛の人と比較してキューティクルの層も薄く、キューテクルの内部にあるコルテックスという部分の密度も低くなっています。
そのため、ドライヤーでのセットの際もボリュームが出にくく、湿度が高かったり、帽子を被ったりするとすぐに髪がペタンとしてしまいがちです。

 

軟毛は、コシと弾力、ボリュームに恵まれた硬毛とは別の性質を持つ髪のように見えますが、実は主にホルモンの影響によって見かけと硬さが変化している現象にすぎません。

 

人間の髪は、胎児の時の第一次毛(胎毛)から生後6か月頃に生え変わる第二次毛(軟毛)、そして成長とともに大人の髪である終毛(硬毛)に生え変ります。

 

しかし、AGA(男性型脱毛症)等の原因によって終毛の軟毛化が進むケースもあります。
これは、男性ホルモンの影響によって十分な太さのある硬毛の発毛が阻害されてしまうためなのです。

 

硬毛

 

軟毛とは正反対の硬毛は文字通り硬く、髪の毛のセットなどがしやすい毛です。
手グシでもボリュームが出せるほど髪の毛一本一本が太く健康的であり、男性でも女性でも髪の毛を極端に短くすると(ボウズに近い状態)、髪の毛が直立するのが硬毛だということが分かります。

 

硬毛は、胎毛から軟毛、そして終毛(硬毛)に生え変わるプロセスを経て、毛の発育を阻害する男性ホルモンの影響を受けずに生えそろった髪です。
太くてコシがあり、ボリュームが出やすい髪質です。

 

また、軟毛に比べて太さがあるだけに抜けにくく、キューティクルも密でしっかりしています。
そして、キューティクルの内側にあるコルテックスも密度が高く、丈夫な髪質です。

 

しかし、艶やかでつるりとした手触りの軟毛と比較して若干ザラついた感触である点や、ゴワついて広がりやすいのでスタイリングしにくい、また、パサツキやすいというのは難点といえば難点かもしれません。

 

軟毛の方は抜け毛に注意!

ストレスや劣悪な食生活などその他の要因が無い場合を想定すると、
ハゲやすいのは断然軟毛の髪質です。

 

なぜ軟毛は毛が抜けやすい?

髪の毛が細い

軟毛の特徴としてある髪の毛の細さが原因の一つです。
髪の毛が細いとその分、地肌とのつながりも細く、非常に抜けやすい毛となっています。

 

髪の毛が傷みやすい

軟毛は硬毛と比べても髪の毛の繊維が少なく、栄養も劣ります。
元々の栄養も少ないため、抜けやすくなります。

 

軟毛の人がするべきケア


軟毛は髪が細く、髪の毛自体の繊維も少ないだけに抜けやすく
硬毛に比べて一層薄毛が進行しやすいので、軟毛化に気づいたら早めにケアを行うことが重要です。

 

軟毛の人は、髪が細く、栄養も充分ゆきわたっていないことも多いものです。
したがって、育毛剤等を毎日使用して充分に髪と地肌に栄養を補うことが必要です。

 

そして、良質な育毛剤等によって頭皮環境を健康に保つことと同時に、バランスのとれた食生活による充分な栄養摂取も重要です。

 

発毛に特に必要な栄養素はタンパク質と亜鉛です。
髪の毛を構成しているのは“ケラチンタンパク質”ですが、亜鉛が摂取したタンパク質を毛ケラチンタンパク質”に作り変えるためです。

 

このように、適切なケアを正しく継続することによって、軟毛でも豊かな毛量を保つことは充分可能です。

 

具体的なヘアケア方法

枝毛や傷んでいる髪の毛は即座にカット

枝毛や傷んで色が変わっている毛は髪の毛が死んでいる証拠です。
最近は自分でもカットハサミが安く購入できるので、こまめに髪の毛の選定をしてあげることが重要です。

 

使っているシャンプー&コンディショナーを疑って!!

今使っているシャンプーとコンディショナーは本当にあなたにあっていますか?
人によってはシリコンシャンプーが原因で髪の毛が抜けることが多々有ります。(特に市販で安く売られている商品)
もし今使っている物で頭皮が痒くなったり、髪の毛がパサついていたりすれば変えてみるのも一つのケアだと思います。
シリコンが入っているシャンプーならノンシリコンシャンプーや育毛シャンプーを使ってもいいかも。

ノンシリコンで人気のシャンプーはこちらでチェック

30代に人気の6つの育毛シャンプーをいい口コミ悪い口コミで比較!

 

育毛剤を使った育毛ケアで毛を強く

育毛剤には文字とおりの毛を育てる成分がたっぷり入っています。
育毛剤の中には国が認めた育毛効果がある成分を配合している商品もあります。
軟毛だからなんとかハゲ対策をしたいと思う人には育毛でのヘ頭皮ケアが大切です。

 

このサイトでは軟毛ハゲ対策にチャップアップをおすすめします

軟毛などの毛が弱っている状態には有効成分が配合されており続けやすい育毛剤がおすすめです。
チャップアップは育毛ケアやサポートを受けることができるので育毛ケアを続けたい人が長く付き合える商品です
育毛剤 チャップアップ(CHAP UP)の口コミ&おすすめまとめ

 

頭皮マッサージで髪に栄養を送ろう!

育毛剤と一緒にすることで効果倍増する頭皮マッサージ。血流の流れを良くして血液を頭皮全体に十分に回るようになれば、
髪の毛にも栄養は行き渡ります。

 

⇒頭皮マッサージの詳しい方法はコチラ

 

髪質別のシャンプーの選び方

髪質によってシャンプーの選び方も違ってきます。
自分の髪質に合っていないシャンプーや育毛剤を選ぶと反対に髪の毛の状態が悪くなる可能性もあります。

 

軟毛におすすめのシャンプーの種類

 

軟毛の人の髪質に関わる悩み

  • ハリやコシがない
  • すぐにペタンとしてしまう

 

したがって、軟毛の人には、軽くふんわりと仕上がるタイプのシャンプーがおすすめです。

 

アミノ酸系の洗浄成分のシャンプー

まず、髪にハリ・コシを与えるために、アミノ酸系の洗浄成分のシャンプーを選びます。
アミノ酸系の洗浄成分の成分名は、ヤシ油脂肪酸、ヤシ油脂肪酸、ココイルグリシンK、ココイルグルタミン酸、ヤシ油脂肪酸、ミリスチン酸などです。

 

また、コシのない細くて柔らかい髪の毛をしっかりとした髪の毛に育てるため、プロティンや、森林や土壌の中に存在する有機酸の一つであり、ヘアケアに関しては頭皮ケア効果や髪の修復・再生効果に注目されているフルボ酸などが配合されているシャンプーもお勧めです。

 

ノンシリコンタイプ

また、それ加えてノンシリコンタイプであることも重要なチェックポイントです。
シリコンシャンプーは、髪をシリコンでコーティングしてツヤを出し、滑らかに整える働きはありますが、軟毛の人が使用すると、ただでさえ細い髪の毛がまとまりすぎて、ますますボリュームダウンしてしまうからです。

 

シリコンにはコーティング効果はありますが、髪の毛の質自体を良くする効果はありません。
また、シリコンは毛穴に詰まったりすることもあるため、特に軟毛の人に必要な頭皮への栄養補給が妨げられる可能性もあるからです。

 

剛毛におすすめのシャンプーの種類

 

剛毛の人の髪質の悩み

  • 硬くうねりが出てスタイリングがしにくい
  • パサつき
  • 湿度が高い時に広がる

 

髪が太く硬い原因となっているのは、髪の毛の表面を覆うキューティクルと髪の毛の芯にあたる毛髄質(メデュラ)の間にあり、毛髪の90%を占める“コステックス”の分量が多いことです。
そして、パサつきの原因は、髪の内部の空洞が大きいため、保湿成分や髪の脂分が流れやすいということです。

 

アミノ酸系の洗浄成分のシャンプー

これら改善するためには、まずパサつきを抑えるため、髪から過度に脂分を奪うことがなく、髪を柔らかくする効果や修復効果もある、アミノ酸系の洗浄剤が使用されているシャンプーやパサツキを抑えるオイル系のシャンプーを選ぶことをおすすめします。
そして、保湿成分がしっかりと配合されていればなおよいでしょう。

 

シリコンシャンプー

また、硬い剛毛を落ち着かせる方策として、保湿や油分の補給は前提となりますが、うねりが出やすく広がりがちな髪を落ち着かせる効果が高いシリコンシャンプーを使用するのも効果的です。

 

アミノ酸シャンプーとアミノ酸配合シャンプーは違う!

 

 

アミノ酸シャンプーのつもりで使っていたのに、よく見たらアミノ酸配合シャンプーだった…なんてことはありませんか?
紛らわしいのですが、アミノ酸シャンプーとアミノ酸配合シャンプーは違います。

 

アミノ酸シャンプー

洗浄成分がアミノ酸系なのが、アミノ酸シャンプーです。
成分表示には、下記のようなに成分名が記載されています。

  • ココイルグルタミン酸
  • ココイルアラニン

 

アミノ酸配合シャンプー

一般的なアルコール系の洗浄成分をメインに、アミノ酸の洗浄成分をプラスしたものがアミノ酸配合シャンプーです。

 

成分表示には、アルコール系の洗浄成分名が記載されているはずです。

  • スルホン酸
  • ラウリル硫酸
  • ラウレス硫酸

 

これは、一般的なアルコール系の洗浄成分のシャンプーの成分表示です。

 

ラウレス硫酸と書かれていますね。
ちなみにこれはエッセンシャルシャンプーです。

 

こんなふうに成分表をチェックすると、アミノ酸シャンプーなのかアミノ酸配合シャンプーなのかがわかります。

 

アミノ酸シャンプーは、頭皮に優しい洗浄成分を使っているので、アルコール系のシャンプーと比べると洗浄力が弱めです。
そのため正しくシャンプーしなければ、汚れが落ちにくいので注意が必要です。

 

逆に洗浄力が強いのは、アルコール系の男性用シャンプーです。
同じアルコール系のシャンプーでも、女性用のものは洗浄力が弱めに作られています。

 

頭皮に優しいアミノ酸シャンプーを使っていても、正しくシャンプーできていなければ何もなりません。正しいシャンプー方法を身につけましょう。

髪にコシやボリュームが復活するチャップアップが人気

 

しかし

チャップアップを使って欲しい人の特徴
・髪の毛にコシを作りたい人
・硬毛までは行かないけど、もっと髪の毛を太くして、強い毛根を手に入れたり
・周りから髪が薄いと思われたくない人
・上記の具体的なケアができていない人

チャップアップは毎月ローションと育毛サプリメントと一緒に育毛グッズを送ってくれます!!
ヘアケアジェルや育毛ブラシなど

 

髪の毛に自信を持ちたい人は1ヶ月でも試してみてはどうですか??

軟毛チャップアップラスト

関連ページ

髪の毛って何でできているの??
髪の毛の成分はたんぱく質です。そのたんぱく質がケラチンというものに変化したものが髪の毛となります。
発毛のメカニズム
発毛のメカニズムを紹介します。髪の生まれ変わるタイミングやなぜ髪の毛が抜けるのかを紹介します。
髪の毛が生えやすい部分と生えにくい部分 育毛剤でケアが必要
髪の毛が生えやすい部分と生えにくい部分があります。生活週間などが原因で髪の毛の成長や抜け毛の原因にもなります。育毛剤でケアをして生えにくい部分の髪の毛もしっかりとはやしてあげましょう。
育毛・発毛・植毛の違い
育毛・発毛・植毛の違いを紹介します。またどういった症状の人にどれがおすすめかも紹介します。
ハゲと頭皮のかゆみの関係
頭皮のかゆみとハゲには密接な関係があります。毛根付近でのカビや雑菌の繁殖、フケの大量発生などかゆみに繋がる原因にはハゲる原因も関係しているのです。
髪の毛の抜け方でハゲ診断
髪の毛の抜け方でハゲの診断ができます。M字ハゲになるひとはAGA、男性脱毛症の可能性高く、カッパのような後頭部から来る円形脱毛症人は遺伝的な要素が強いと言われています。
育毛剤とAGA治療 どっちが効果を感じられる?
AGA治療に通うのと育毛剤での治療価格が安い分育毛剤での治療の方が安価で効果を実感できるかもしれません。
急性円形脱毛症の治し方
急性円形脱毛症の治し方は医師による処方箋での治療と育毛剤等のケアという方法があります。
IPS細胞はハゲにも有効?
IPS細胞の研究が進むとハゲは治るのでしょうか?実際は今でもハゲを改善できると思います。ただそれをクリニックで利用するにはまだまだ時間がかかるでしょう。
生え際ニキビはなぜできる?おでこにできるニキビと改善方法
生え際ニキビの改善方法を紹介します。ニキビの原因は男性ホルモンの過剰分泌、皮脂の詰まり、整髪剤やシャンプーの洗い残しが原因です。改善するには洗顔やシャンプーでの改善がおすすめ。
【脂漏性皮膚炎の原因と改善方法】対策はシャンプーなどの生活習慣
脂漏性皮膚炎の原因と改善方法について紹介します。皮膚科医に相談しながらセルフケアを怠ってはいけません。脂漏性皮膚炎用シャンプーを使うや睡眠、食事など毎日のことで変えられる事はたくさんあります。