IPS細胞はハゲにも有効??

IPS細胞 ハゲ改善
2012年のノーベル賞受賞を機に世界中で技術への期待が高まっているiPS細胞は、夢の再生治療が実現するとの期待から、
研究者たちからはもちろんのこと政府総出で関心が寄せられています。

しかし、一般人のわたしたちがiPS細胞の可能性を知れば知るほど気になるのは、やはり通常の病気やケガだけではなく、美容目的でも自由度の高い技術となるかどうかではないでしょうか。

特にiPS細胞の“ハゲへの効果”については、山中教授のiPS細胞発見がノーベル賞受賞してからすぐに、様々な憶測が囁かれていたようです。iPS細胞の研究が進むことで、将来的にハゲが治るのは本当なのでしょうか。

ここでは、現在とは違う形になるであろう薄毛対策についての未来予測について、様々な見解をご紹介したいと思います。

iPS細胞の研究が進むと…

iPS細胞の原理はここでは詳しく述べることはできませんが、単純には『一つの細胞から複数の細胞に分裂することができる細胞』だとされており、つまり、研究が進むことで少しの細胞からあらゆる器官が作られるようになる、ということになります。

ですから、髪の毛を作り出すために必要な“毛乳頭細胞”や“毛細胞”がiPS細胞で再生できるようになると、iPS細胞から作り出したそれらの毛髪細胞を皮膚に埋め込むなどして、薄毛改善が可能になるかもしれないのです。

また日本でも、某有名私立大学や大手化粧品会社、育毛業界などがこぞって研究に参加しており、またその中のある大学ではiPS細胞から毛そのものを作り出す(毛包を作る)ことに成功していることがメディアを通じて発表されています。
このように、将来的にはiPSでハゲが治ることが予測できます。

しかし一般の人々がハゲ治療にiPS細胞で作られた髪の毛を利用するのには時間がかかるとされています。
夢のハゲ治療が完成し流通するまで、しばらくはこれまでの薄毛対策を続けていく方が得策でしょう。

現在抜け毛や薄毛で悩んでいる人には育毛剤が有効です。

私たちの生活にIPS細胞の恩恵が降りてきて髪の毛を再生するにはまだまだ時間が必要です。
今現在で抜け毛や薄毛に悩んでいる人は育毛剤を使ったほうが薄毛の改善に効果はあるでしょう。

現在育毛に有効な成分が配合されている育毛剤であれば、現代の技術でも薄毛の改善は可能です。

育毛に有効な成分とその効果

グリチルリチン酸

頭皮の炎症予防
抗アレルギー作用
抜け毛や皮脂の詰まりの解消

センブリエキス

髪の毛の生産を増やす働き
保湿効果

ジフェンヒドラミンHC

血行促進
湿疹、皮膚の炎症、かゆみ、フケを抑える作用

などが育毛成分として有効です。

数ヶ月以内に効果実感させたいならチャップアップ

すぐにでも効果を出したい人にはチャップアップが人気。
全額返金保証書もついてくるので効果がなければすぐに返金もできます。

entry94_99