育毛剤 未成年が使っても大丈夫??

ここでは、育毛剤に関するあらゆる疑問・質問にお応えすべく、過去の検証結果などを記載しています

高校生など未成年の方が使ってはいけない育毛剤。それがプロペシア(フィナステリド)やリアップ(ミノキシジル)を含む育毛剤です。

フィナステリドやミノキシジルは第一種医薬品に指定されており、成長期さなかの未成年には副作用のリスクが高まります。

どのような副作用があるのかというと

フィナステリド

勃起不全、うつ病、嘔吐や肝機能障害など重大な副作用を起こす危険があります。また、小さなお子さんがフィナステリドに触れたり誤飲してしまうと、性機能障害を発症するとされています。成長期の少年や青年にも同じようなリスクを伴う危険があります。

ミノキシジル

一方、日本では大正製薬から発売されている育毛剤リアップにミノキシジルが含まれています。副作用として倦怠感や立ちくらみ、頭皮のかゆみ、性欲減退、体毛が濃くなる可能性が高いです。また未成年でも低血圧の方が多くいると思いますが、ミノキシジルを使うことで症状がさらに悪くなることもあります。

医薬品指定されているような育毛剤には副作用のリスクが大きいので未成年の方は使わないようにしましょう。

育毛剤が効果的な年齢は?

半数以上の日本人が、将来的な薄毛症状のリスクを持っているとされています。

実際に現在でも多くの人が薄毛で悩み、その中には高額な治療費を払いながら育毛治療をしている方も大勢いらっしゃいます。

そのような薄毛リスクを辿っていくと、10代後半の思春期頃からすでに薄毛リスクが発症しているとの報告がなされています。

育毛剤未成年

10代で薄毛症状が表れた場合、その後大学生になる頃には若ハゲ状態になってしまう人もいれば、その後数年間はフケや痒みに悩まされ30代以降で一気にハゲてしまう人など、人によって多様なハゲ方をしていきます。

育毛剤は、そのように若い頃からの薄毛症状にも効果的であるため、未成年から育毛剤で薄毛予防をする人も増えています。

未成年に育毛剤が効く理由

未成年から使い続けることで、将来的な薄毛リスクを解消することが可能です。
その理由は、若い頃の頭皮の内部構造にあります。

薄毛を感じた未成年のうちから育毛剤を使い続けることで、将来的な薄毛のリスクを解消することができます。
なぜ未成年から使ったほうが良いのかというと、この時期は成長期です。そのため成長ホルモンや成長に必要な各ホルモンの分泌が非常に活発です。そこへ育毛剤の成分を加えることで、髪の毛の成長も早まります。また、思春期に乱れやすいヘアサイクルも正常に戻すことが成人男性よりも早くできます。

頭髪には“毛周期”と呼ばれるサイクルがあり、
・成長期
・退行期
・休止期
と、主に3つの周期で脱毛と発毛とを繰り返しています。

その中でも頭髪が育つ成長期は、人の未成年期に一番活発になると言われています。

そのため、その時期に育毛剤で栄養分を蓄えておくことで、将来不足しがちになる栄養を、毛根内部に届けておくことが可能になるのです。

未成年が使える育毛剤

以上のように、薄毛予防&育毛対策共に有効な未成年への育毛剤使用ですが、

・肌の弱い子ども
・女性
・何らかの健康疾患のある子ども

については、医師の診断が必要な場合がありますので注意してください。

未成年には安全性が高い育毛剤がおすすめ

未成年には天然成分を使用し、安全性の高い育毛剤が好ましいです。その中でも必要な条件というのが

安全性が高く髪にやさしい成分

一部の育毛剤には添加物としてパラベンやシリコン、界面活性剤、着色料、保存料、鉱物油などが多く含まれているものがあります。そのため頭皮への刺激が高く、成長期は肌が荒れやすい時期なのでこれらの成分で刺激を受けると、かえって頭皮環境が悪化する可能性が高いです。

血行を促進する成分

薄毛や抜け毛の原因となるのが頭皮の血液不足です。血行が悪くなると血液から栄養を受けている髪の毛の成長が止まってしまいます。それが原因で頭部のヘアサイクルも乱れてしまいます。

若ハゲの原因にしっかりアプローチできる男性ホルモンを抑えるもの

成長期は男性ホルモンの分泌が活発で、若ハゲになる人はこの男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びついて発症します。オウゴンエキスやアロエエキスなど5αリダクターゼを抑制する成分が含まれることで近い将来の若ハゲを予防することができます。

男性ホルモンDHTを抑制する成分が入っているもの

上記と似たニュアンスになりますが、DHTとはジヒドロテストステロンの略で、男性ホルモンと5αリダクターゼが結びついた後の男性ホルモンになります。男性のほとんどの薄毛はこのDHTが原因とされているので、これを抑える必要があります。その成分がM-034やイソフラボン、亜鉛などです。若ハゲの症状は見られなくても、将来のために今のうちから積極的に使っても良いでしょう。

未成年なので経済的に負担の軽いものがよい

効果的な育毛剤を購入しようとしたら一万円以上はかかってしまいます。あまりにも安価なものだと育毛剤とは呼べないくらいお粗末なものです。本気で育毛に取り組みたいのならしっかりとしたものを使うことが大切です。とはいっても未成年ですから経済的な負担が少しでも軽い方が良いです。インターネットで購入できる定期購入や割引価格のある経済的な負担を軽くするプランのある育毛剤を使うことをオススメします。

その他の未成年者にも、

・無香料
・無着色
・無添加

などの頭髪に優しい成分でできた育毛剤が勧められます。

男性用育毛剤として人気のチャップアップフィンジアなどは幅広い年齢層に大人気です。
未成年者には価格や効果を考慮するならチャップアップをおすすめします。

女性用の育毛剤としてマイナチュレやベルタ育毛剤がとっても人気です。
薄毛やハゲの原因がカラーリングやパーマの場合の人はベルタ育毛剤マイナチュレは人気です。

ただ未成年の女性は育毛剤をまず試すのでは無く生活習慣や睡眠生活を改善することをおすすめします。
お菓子など間食ばかりで体の栄養が偏ってしまうことも、頭皮環境を悪くさせ抜け毛の原因となる可能性があります。そのためバランスよく食事をし、特に髪に必要なビタミン、亜鉛、ミネラル、タンパク質などを意識して摂ると良いでしょう。

また、それと同じくらい大切なのが、睡眠時間です。寝ている間というのは成長ホルモンをはじめ、いろんなホルモンの分泌が活発になります。その影響で体の組織が細胞分裂を繰り返し成長します。髪も同じように寝ている時間に一番成長します。

男性ホルモンが少ない女性は出産後や姙娠などの女性ホルモンが乱れる場合以外は薄毛になることは少ないはずです。お菓子ばっかり食べていないかや夜の睡眠時間が減っていないかを考えてください。

育毛剤を使わないほうが良い未成年

育毛剤は抜け毛や薄毛に悩む未成年の方に効果的なものもありますが、円形脱毛症を発症しているときは使わないほうが良いでしょう。円形脱毛症に限っては免疫不全や、体の内側の不調が原因だとされています。体の不調は育毛剤を使うよりも、病院で診てもらうようにしましょう。

entr85_99

気になる男性用育毛剤を探す♪

topチャップアップ topブブカ topフィンジア
topポリピュアEX topイクオス top薬用プランテル


頭皮の症状について調べる

top生え際 topつむじ top男性型脱毛症


カテゴリ

top育毛サプリ topAGAクリニック top育毛シャンプー

人気のAGAクリニック&体験談

topヘアメディカル top銀座総合クリニック topAGA治療体験談

気になる男性用育毛剤を探す♪

topチャップアップ topブブカ topフィンジア
topポリピュアEX topイクオス top薬用プランテル


頭皮の症状について調べる

top生え際 topつむじ top男性型脱毛症


カテゴリ

top育毛サプリ topAGAクリニック top育毛シャンプー

人気のAGAクリニック&体験談

topヘアメディカル top銀座総合クリニック topAGA治療体験談