育毛 都市伝説

育毛剤の都市伝説

巷では様々な都市伝説が溢れていますが、なんとその中には、“育毛都市伝説”なるものも存在しているようです。

 

 

など、どうしても本当だとは思えないような都市伝説が囁かれていますが、このような育毛都市伝説を聞けば、「育毛剤について調べていたら育毛都市伝説を初めて知ったがあれは本当なのか?」と困惑した方も少なくないはずです。

 

薄毛対策中の方のほとんどは普段からナイーブになりがちです。
そのような方がこれから困ることなく、変な情報に惑わされることなく育毛対策が出来るよう、ここでそのような都市伝説の真偽について検証しましょう。

 

育毛剤の伝説

伝説1 育毛剤は効かない?


もちろん嘘情報です。
一部の“効かない”育毛剤を運悪く手に取ってしまった方が、恨みつらみのために書いたグチが広がっていったことが原因のようです。また、育毛業界の放ったステマ情報が末端に散った結果、本当に育毛剤は効かないと勘違いしてしまう人も続出してしまった…
という皮肉な話もあります。

 

オナ○ーはハゲの原因?!


全く関係ありません。
オナ○ーは思春期頃から始まる男子の健全な発達行為の一つであるため、それがハゲの原因だとすると、世界中の99%以上の男子がハゲになってしまうことになります。

 

ハゲは遺伝する?!


これは残念ながら、日本人の半数近くが当てはまります。
両親の父、祖父が共にハゲている場合は、高確率で将来ハゲてしまうと考えられます。
遺伝ハゲを100%食い止めることは現段階で不可能であり、将来的なiPS細胞の進展を祈るばかりです。

 

ハゲの友達はハゲる?!


これも全くの嘘でしょう。
ハゲ=薄毛は脱毛症と呼ばれている症状です。
脱毛症は体内のホルモンバランスの乱れや食生活、遺伝などが関係しているため、病原菌のように人から人へとうつるものではありません。
ただし社会人のようにハゲが多い職場はストレスが溜まりやすい環境でその為にハゲが多くなっているのかもしれません。ハゲがうつっているのでは無く、環境がハゲやすい環境の場合はこういった現象になるのかもしれませんね。

「声が低いとハゲる」というウワサは本当なのか?

ハゲに関するウワサはよく聞きます。
男性でしたら、ハゲに関することは気になってしまうかもしれませんね。
一度聞いたことがあるのが、「声が低いとハゲる」というものです。
一見関係無いように見えますが、こういった話が出てくるということは何かしらの関係はあるということです。
声が低い人というのは男らしいという印象を持たれると思います。
一方、ハゲというのは圧倒的に男性に多く起こります。
では、そうして男性に多いのかと考えるとやはり「男性ホルモン」の影響だと思われます。
医学的にも男性ホルモンが毛根に与える影響は証明されていますね。
そして次に考えるのが「声が低い人は男性ホルモンが多いのか?」です。
確かに現在証明されているのは、喉元が太くなるという効果です。
しかし声帯まで太くなるのか?というとまだまだ関連性はわかりません。
しかし首の太い人は声が低い傾向があるように感じます。
統計を取ったらきっとそういう結果が出るはずです。
ということで、「声が低いとハゲる」については「医学的に証明はされていないが、統計学的には関連が見つかりそう」と言えると考えられます。

 

胸毛が濃い人はハゲになりやすい。

体毛が濃い人はハゲやすくなると聞いたことがあります。特に胸毛が濃い人はハゲやすいそうです。知り合いでも、特に胸毛が濃い人は頭髪が薄毛である人が多いように思います。胸の毛が濃い分、頭に回す栄養素が足りなくなって薄毛になるのかな、と思っていました。しかし、胸毛が濃い人というのは男性ホルモンの分泌が多いということになります。男性ホルモンが多いと、皮脂などと結びついて薄毛を引き起こすらしいです。確かに胸毛が濃い人はイケイケの人が多く、体格も大きかったり、体を鍛えていたりします。生まれつき胸毛が濃いという人もいれば、成長とともに胸毛が濃くなったという人もいました。この違いを比べてみましたが、成長とともに胸毛が濃くなった人の方が、薄毛が急速に進行している印象でした。生まれつき濃い人は男性ホルモンが元々多いため、体に耐性ができているという考え方もできるでしょう。別に濃くなりたくてなったわけではないのに、薄毛になるのはちょっと気の毒だと感じました。

 

『叩けば叩くほど毛根が活性化されて髪の毛が生えてくる』

『抜け毛の原因は、毛根に脂がつまったり、頭皮に十分な血液が行きわたっていないせいなので、髪の毛をブラシや瓶などで叩くと、髪の毛根が活性化され、地肌の血流が良くなって毛が生えやすくなる』という噂を聞きました。毛根に詰まった皮脂や、皮膚の血流のよどみを無くすために、強く激しく叩けば叩くほど、肌が刺激されて滞りがなくなり、地肌が良くなるそうです。高校時代、高校の先生のお父さんが実際に、毎日欠かさず、ヘアブラシのとがった部分を頭皮に当て、血が出るぐらい激しく叩くようにして、実践していたそうです。髪を叩くための専用のとげ付きブラシがあり、それを上からかざして、地肌をまんべんなく叩いて、頭全体を刺激していきます。熱心に毎日続けると、血流がだんだん良くなって改善されるのだそうです。高校の先生のお父さんはそれを長期間試しましたが、特に効果はなく、かえって肌が腫れ上がってしまい、完全な都市伝説だったようです。

 

頭皮を刺激すると育毛できる

育毛に関する都市伝説はいろいろありますが、そのひとつに「頭皮を刺激すると育毛効果が期待できる」というものがあります。これは頭皮をブラシなどを使ってトントンと刺激をして育毛を促すというものですが、頭皮を刺激することによって、頭皮の血流が良くなり、育毛に繋がるという考えのもと生まれた都市伝説です。非常に有名な都市伝説なので、聞いたことあある方も多く、実践したという方も多いのではないでしょうか。
実際にこの方法で「細かった髪がしっかりしてきた」「禿げていた部分に毛が生えてきた」というような話を耳にしますから、本当に育毛効果があるのかもしれません。
頭皮をブラシなどでトントンと刺激を与えることで、確かに頭皮の血行は良くなります。ですが、素人が闇雲にトントンとしても方法や力加減が間違っていれば、頭皮を傷つけるだけに終わるようですね。
頭皮にブラシなどで刺激を与えるだけでは育毛効果は得られず、育毛剤を併用することで育毛効果が得られるようです。育毛効果を実感できた方は、育毛剤を併用していたか、気のせいかたまたまだったのではないでしょうか。

育毛の気になる記事をクリック♪♪

カテゴリ
生え際free つむじfree 男性型脱毛症free

薄毛のケアにおすすめの育毛剤

チャップアップfree ブブカfree フィンジアfree
ポリピュアEXfree イクオスfree 薬用プランテルfree
カテゴリ
育毛サプリfree AGAクリニックfree 育毛シャンプーfree

人気のAGAクリニック&体験談

ヘアメディカルfree 銀座総合クリニックfree AGA治療体験談free
カテゴリ
副作用free 軟毛ケアfree 敏感肌free
カテゴリ
妊娠中free 30代女性free 40代女性free

おすすめ女性用育毛剤

ベルタ育毛剤free マイナチュレ育毛剤free