AGA治療は保険適用できる?

育毛対策の中でも高額の部類に入るAGA治療は、高額料金を取るだけの治療効果があるとして、育毛対策を真剣に考える人を中心に人気を博しています。

しかし実際に、育毛クリニックでのAGA治療には途方もない料金がかかるのが現状です。
すなわち、一般的な収入の人が育毛クリニックでAGA治療をするには、かなり躊躇してしまう額なのです。

AGA治療での基本的な料金を見てみましょう。

特に高級育毛クリニックではありませんが、

・※薬剤を頭皮に注入するAGA治療:1回2万円前後~5万円前後
・育毛剤成分の入った処方薬:1ヶ月分で約1~2万円前後

このように、やはり高額な治療費がかかってしまうようです。

※頭皮に直接薬剤注入をする治療を“育毛メソセラピー”と呼ぶ場合があります。

日本ではAGA治療で保険適用はできません。

残念ながら現在の日本では、AGA治療に対しての保険適用は除外されています。
AGA治療は、歯科矯正や美容整形などと同じく自由診療の一つとされており、見た目を美しく変えるための個人的な要望、または薄毛を予防するための措置であることから、国の判断によって保険は適用されないのです。
つまり、贅沢品のように判断されてしまっています。

また、処方薬についても同様の理由が挙げられます。
処方薬に使われているプロペシアやフィナステリドなどについても、保険適用除外薬となっているため、薬を処方された場合にも健康保険などは使うことが不可能です。

よって、高額のAGA治療費は全て自己負担となってしまいます。
将来的に国の判断が変わらない限り、美容目的だとされてしまっているAGA治療は、この先もずっと高額のままであることが予想されます。
entry80_99