育毛剤で不妊になる?

育毛剤 不妊 悩み
女性でも薄毛を気にされる方が増えてきました。
と言っても、実は数十年前から日本女性の間でも薄毛の方が増加していました。
テレビや雑誌、新聞などのメディア広告でも、ウィッグや育毛剤などが販売されていた記憶をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

最近増えてきたのは、薄毛を気にしながらも美容や健康の面でも充実したいと思われる女性のことです。
そういった女性はたとえ髪の毛が薄くなってきたとしても活力を失わず、女性向け育毛剤を使用し、明るく育毛対策をしています。

そのような女性の皆さんが気を付けるべき点はどこにあるのでしょうか?
ここでは、女性特有の育毛対策に関する疑問にお答えします。

妊娠前に育毛剤を使用すると不妊になる?

女性の薄毛は20代前後に始まる場合もあります。
そうなると平均して、薄毛対策として育毛剤を使用してから数年の間に妊娠する可能性が高いということになります。
しかし一部では、育毛剤=不妊につながるという間違った見方が増えているそうです。

育毛剤は不妊との関係なし

育毛剤の種類にもよりますが、育毛剤には、毛根に直接働きかける成分が使われています。ですから、通常の育毛剤が体内の器官などに影響するということはありません。

ただしフィナステリドに関してのみ言えば、どの育毛業界でもフィナステリドを妊娠前・妊娠中の女性に対して処方することを強く禁止しているようです。

男性不妊への影響

近頃は、不妊が女性だけではなく男性の精子不足などにも因ることが解明されてきました。そういったことから、男性の育毛剤使用が男性不妊として影響するのではないかという懸念が生まれています。

確かに海外のある研究では、フィナステリドという育毛剤成分について精子減少が見られたとの報告が確認されていますが、育毛剤の使用=不妊と結びついたとの結果は一切出ておりません。
そもそも不妊となる要因は精子減少だけではありません。

あまりにも心配な場合には医師へ相談する方が精神衛生上にも良いでしょう。ただし、むやみやたらと心配し過ぎるのも、ストレスによる不妊へと結びついてしまうかもしれません。
⇒女性育毛剤ランキングはこちら

無添加の女性用育毛剤

産後の薄毛にはベルタ育毛剤がおすすめ

産後の抜け毛で悩んでいる人におすすめのベルタ育毛剤。
育毛・頭皮ケア成分を99.9%配合なのに初回3,980円という始めやすさ&続けやすさが人気のポイントです

⇒ベルタ育毛剤の詳細をチェック


無添加育毛剤マイナチュレはリピート率96.5%

肌が弱い人や敏感な人でも大丈夫。無添加の育毛剤だからピリピリもかぶれもしない。
初回980円(税抜)送料無料で試せるのが人気のポイントです

⇒育毛剤マイナチュレの詳細をチェック

薄毛で悩んでいる女性によく読まれています

カテゴリ

top妊娠中 top30代女性 top40代女性