ハゲになる原因の要因はタバコにあり??

ハゲ タバコ
ハゲでお悩みの方は、これまでにも嫌な思いをされた経験が少なくないはずです。
毎年のように報告される女性雑誌などのアンケート調査によれば、日本人女性の大半が「ハゲている男性は嫌」と思う傾向にあるようです。

また近年では、「タバコを吸う人は嫌」だという人も、男女関係無く増えているそうです。
このように良い影響のないタバコですが、なんとタバコが、薄毛にも悪い影響を及ぼしていることが分かってきました。
つまり、タバコがハゲる原因となってしまっているということです。

ではタバコが薄毛を誘発させる要因とは一体何でしょうか?
ここでは、タバコと薄毛の関係について取り上げます。

タバコを吸うとどうなるのか?

タバコにはニコチンという、人体にとっての有害物質が含まれていることが知られています。

数々の研究により、『ニコチンが毛細血管の収縮に影響を与えている』ことが判明しています。

タバコによって血管が収縮すると・・・

タバコに含まれるニコチン。ニコチンで脈拍が早くなり心拍数が上がります。
それに加えて血管の収縮が起き、末梢神経まで血液が行き渡らなくなります。

血管が収縮することで血液の循環が悪くなるのは身体だけではありません。
当然、頭皮内部の血管の収縮も始まります。

頭皮の血行が悪くなるとどうなるのか?

タバコによって頭皮内部の血行が悪くなると、毛乳頭細胞に栄養が行き届かなくなります。
毛乳頭細胞に栄養が無い状態が続くと毛細胞自体の働きが損なわれ、毛髪が生えなくなってしまいます。
また、そればかりか、育毛剤の浸透率も急激に下がってしまいます。

このように、タバコは社会的にも頭皮の健康面からも全く良いところ無しということが分かります。

なんとかハゲを改善したいと思ってる人はまずは禁煙を始めましょう。タバコをやめることにはメリットしかありません。
タバコ代を育毛剤代に変えるだけであなたの人生は劇的に変わるかもしれません。

流行りのアイコスも薄毛になる?

アイコスでも薄毛になります。

アイコスに害は無い!

なんてたまに見かけますが、アイコスにはしっかりタールもニコチンも含まれています。
アイコスにはニコチンの表示がありませんが、入っていないのではありません。

水蒸気として排出されるから測定できないが正しいです。

ただ、測定できないというだけで両成分とも含まれています。

血行と薄毛に関連する記事

血行促進でハゲは改善される?血行とハゲの関係