子供に育毛剤を使っても大丈夫?

子供 ハゲ

這えば立て、立てば歩めの親心と言うことわざは古くから変わらない親心を表した言葉ですが、確かに現代の親も、そのような親心を常に抱いているようです。

ですから昨今ネット上などで、

「子どもが生まれたがハゲている。いつ髪の毛が生えてくるのか?」

「思春期になって子どもが学生服に大量のフケを付けてしまっている」

などのお悩み相談が溢れているのにもうなずけます。

そのように子どもを思い薄毛を心配している親御さんのお悩みに対して、『子どもにも育毛剤を付けてみられては?』というように育毛剤の使用を勧める回答も見られます。

しかしほとんどの方は、そのような回答に疑問を持たれるのではないでしょうか?

ネット上にはプロではない方のご意見も溢れていますので、ここで注意深く検証してみましょう。

子どもにもOKな育毛剤

結論から言えば、子どもにも付けて良い育毛剤はあります。

そのような育毛剤の特徴は、

・合成物質ではなく天然成分由来の育毛剤

・無香料・無着色などの無添加系育毛剤

・医薬品となる成分を含んでいない育毛剤

となります。

子どもにはNGな育毛剤

大人の薄毛には有効な成分であるミノキシジルやプロペシアなど、強力育毛成分が入っている商品はNGです。

ミノキシジルやプロペシア

大人には非常に良い効果を発揮するのがミノキシジルなどの成分ですが、子どもには刺激が強すぎるのです。
フィナステリドやミノキシジルは第一種医薬品に指定されており、成長期さなかの未成年には副作用のリスクが高まります。
どのような副作用があるのかというと

フィナステリド

勃起不全、うつ病、嘔吐や肝機能障害など重大な副作用を起こす危険があります。また、小さなお子さんがフィナステリドに触れたり誤飲してしまうと、性機能障害を発症するとされています。成長期の少年や青年にも同じようなリスクを伴う危険があります。

ミノキシジル

一方、日本では大正製薬から発売されている育毛剤リアップにミノキシジルが含まれています。副作用として倦怠感や立ちくらみ、頭皮のかゆみ、性欲減退、体毛が濃くなる可能性が高いです。また未成年でも低血圧の方が多くいると思いますが、ミノキシジルを使うことで症状がさらに悪くなることもあります。

医薬品指定されているような育毛剤には副作用のリスクが大きいので未成年の方は使わないようにしましょう。

育毛剤が効果的な年齢は?

半数以上の日本人が、将来的な薄毛症状のリスクを持っているとされています。
実際に現在でも多くの人が薄毛で悩み、その中には高額な治療費を払いながら育毛治療をしている方も大勢いらっしゃいます。

そのような薄毛リスクを辿っていくと、10代後半の思春期頃からすでに薄毛リスクが発症しているとの報告がなされています。

10代で薄毛症状が表れた場合、その後大学生になる頃には若ハゲ状態になってしまう人もいれば、その後数年間はフケや痒みに悩まされ30代以降で一気にハゲてしまう人など、人によって多様なハゲ方をしていきます。

育毛剤は、そのように若い頃からの薄毛症状にも効果的であるため、未成年から育毛剤で薄毛予防をする人も増えています。
若ハゲという言葉がありますが、ではいつから育毛剤をつけ始めればいいのでしょうか?

赤ちゃんがハゲているのは自然なことですが、最近では中学生、高校生ぐらいから育毛剤をつけはじめる人が増えてきているようです。

赤ちゃんから中学生はつけない方がいい!

中学生ぐらいまでは育毛剤をつけない方がいいでしょう。

まだ身体がしっかりと出来上がってないのに刺激となる育毛剤をつけることは少し危険です。

とくに赤ちゃんや小学生はまだまだしっかりとした毛が生えていないので、絶対にやめましょう。

中学生もまだ発展途上の段階です。生活習慣を整えることで抜け毛や薄毛なんかはすぐに改善されます。

高校生ぐらいからは注意していいかも・・・

高校生にもなると育毛剤をつけても問題無いと思います。

身体ができあがり、頭皮もほとんど大人と同じです。

しかし高校生の子どもがフケなどの症状がある場合、将来的な若ハゲの予兆となる薄毛も多くなっています。

ですから、高校生になったぐらいから育毛ケアを始めるのがいいかもしれません。特に家族や親族でハゲている人がいればなおさら早めの対策が功を奏します!!

いつまで育毛剤を続ければいいの?

育毛対策の疑問の一つが、

『育毛剤使用を中止すると再びハゲてしまうのか?』

というところです。

育毛剤が人それぞれで効果が変わるように、育毛剤をやめた後の効果の持続などもその人個人によって異なります。

よって、全ての人に当てはまる答えは無いと言えますが、ある程度の参考にはなるでしょう。

効果が実感できるまで

育毛剤の効果を実感するまでの期間としてある程度の期間が必要となります。

育毛剤の効果が出るまで

育毛剤の効果が出るまでには、平均して3ヶ月~6ヶ月かかると言われています。(早い人は1ヶ月程度で効果が表れます)

3ヶ月後の育毛剤

例えば3ヶ月で髪の毛が黒く太く成長した、というように効果が実感出来たとしても、3ヶ月ですっかり育毛剤の使用を中止するのはおすすめ出来ません。

髪の毛が黒く太くなるという効果は、育毛剤利用開始直後に生えていた髪の毛が育毛剤の栄養を受け成長したものと思われます。

ただし、その他のうぶげの成長が終わるまで育毛剤を使用していた方が、将来理想的なボリュームの髪の毛にまで成長させることが出来ます。

半年後の育毛剤

育毛剤使用開始半年後、平均的には薄毛対策以前よりもフサフサになったという実感を持たれる方の多い時期です。
この時期に育毛剤を止めてしまっても、しばらくは効果が続いています。

しかし更に半年後になると、抜け毛が再発してしまったという報告もあります。育毛剤により髪の毛本来の成長期を助けていたものが、使用中止によりストップしてしまいます。

するとその後の成長が遅れるばかりか、育毛剤により留めておいた退行期の髪の毛が抜けてしまうのです。

よくある質問 Q&A

1.チャップアップ育毛剤をやめたら?どうなる?

チャップアップ育毛剤は、医薬部外品として厚生労働省の承認も受けていますよね。

それだけ効果は抜群で、特に、センブリエキス、グリチルリチン酸、塩酸ジェフェンドラミンが効果を発揮してくれます。44種類もの有効成分が配合されていて、天然由来で効果がありそうです。でも、これを途中で辞めてしまったらどうなるのでしょうか?

金銭的に続かない、効果を感じる前に諦めてしまった、その他、面倒になったなどの理由でチャップアップ育毛剤をやめることは、リスクにつながります。

AGAが進行し、より、ハゲが進んでしまう可能性があるのです。

サプリメントならまだわかるのですが、スプレータイプのチャップアップは、途中でやめてしまうとAGAが進行するリスクがあります。

特に、30日で最初は抜毛が減っていく段階ですので、早期にやめてしまうのは時期尚早です。

2.サプリをやめたらどうなる?

サプリメントは、健康な頭皮を実現するもので、ストレスや食生活の乱れから起きる抜毛を防いでくれます。

健康な髪や頭皮のために、サプリメントでバランスの良い栄養素を取る必要があるわけです。これをやめてしまうと、今度は生活リズムを整えないと、ストレスやホルモンバランスの乱れから、AGAが進行してしまうリスクがあります。

サプリメントは、栄養補助食品として、体のバランスを整えてくれるものです。そのサプリメントをやめてしまうことによって、間接的に、AGAが進行してしまうのです。

これを防ぐには、生活リズムを整えることが大切です。ストレスなどを最大限減らし、バランスの良い食事を取って、サプリメントに頼らなくとも毛髪に効果のある海藻やイソフラボン、コラーゲンなどを摂取し、効果的に栄養を摂取するようにしてください。

サプリメントはあくまで補助で、メインとなるのは日頃の食生活です。それを忘れずに、サプリメントを辞める時期を判断してください。

3.AGA治療をやめたらどうなる?

AGA治療は、薄くなってきた頭皮にさまざまなアプローチを通じて薄毛の進行を止めるものです。そして、弱くなってきた発毛力を再び復活させ、ふさふさの髪の毛に導いてくれるものです。

よって、AGA治療をやめてしまうと、せっかく復活しつつある発毛力がまたダウンして、AGAが進行してしまう可能性があります。AGA治療は、ある程度納得がいくまで続けるべきではないでしょうか。少なくとも、1ヶ月やそこらで完璧な結果が出ることはありません。

本当のやめどきがいつかは、考えなくてはいけませんが、AGA治療は出来る限り続けていくほうが望ましいでしょう。

ですが、治療薬に対してお金を使ってしまうのがもう耐えられないという場合は、ある程度成分の弱いものに変更したり、複数のAGA治療を行っている場合は、ひとつを減らしてみたりなど、工夫も必要です。

いきなりスパっとすべて辞めてしまっては、せっかくの治療が台無しになってしまいます。

4.サガーロのような薬でも辞めればハゲるの

サガーロは、デュタステリドが成分で、6ヶ月以上の服用で効果が発揮されるとされています。

自由診療で保険が効かないため、途中で辞めたいと思ってしまう人も出るかもしれません。

ですが、サガーロはプロペシア(フィナステリド)よりも効果が高いとされている強力な薬のため、やめてしまうとせっかくの発毛力がダウンしてしまう可能性があります。やめたら即禿げるというわけではありませんが、男性ホルモンに作用する薬のため、やめたらAGAが進行してしまうリスクがあります。

ザガーロはテストステロンをジヒドロテストステロンに変換することを阻害します。そして濃度を低下させ、毛根のミニチュア化を止めるもので、ヘアサイクルの成長期を維持して、毛髪を太く成長させるのです。

よって、ザガーロをやめてしまった場合は、このジヒドロテストステロンの働きが活発になり、脱毛が進んでしまう可能性があります。

5.ブブカのような頭皮環境改善の育毛剤

ブブカのような頭皮改善環境の育毛剤も、やめてしまうとまた元通りになってしまうリスクがあります。

ブブカはミノキシジルと同様の育毛成分であるM-034が最高濃度で配合されているのですが、コラーゲンなども含まれています。男女ともに、コラーゲン不足によってハゲが進行するという研究結果もあり、コラーゲンが配合されたブブカは力強い存在です。

最低でも半年は使っていただきたく、途中で辞めると、全体の薄毛が幅広く進行してしまう可能性があります。

年代によって、やめられる時期も変わってくるでしょう。

若いうちはまだまだ早期に辞めてしまって他の治療薬に変更してもいいですが、年を取れば取るほど、早期にやめてしまうと反動で余計にハゲが進んだように見えてしまいます。

せっかく効果がでつつあるのですから、最低でも6ヶ月以上は使うようにしてください。

entry74_99

未成年や10代の子供に負担のかからない育毛剤は?

10代の子供に負担のかからない育毛剤は添加物や香料などを含んでいない育毛剤がおすすめです。

最近の育毛剤はだいたいの商品が無添加や天然成分を使用しているので高校生や10代の頭皮でも安心して使うことができます。

未成年が使う育毛剤のポイント

安全性が高く髪にやさしい成分

一部の育毛剤には添加物としてパラベンやシリコン、界面活性剤、着色料、保存料、鉱物油などが多く含まれているものがあります。そのため頭皮への刺激が高く、成長期は肌が荒れやすい時期なのでこれらの成分で刺激を受けると、かえって頭皮環境が悪化する可能性が高いです。

血行を促進する成分

薄毛や抜け毛の原因となるのが頭皮の血液不足です。血行が悪くなると血液から栄養を受けている髪の毛の成長が止まってしまいます。それが原因で頭部のヘアサイクルも乱れてしまいます。

若ハゲの原因にしっかりアプローチできる男性ホルモンを抑えるもの

成長期は男性ホルモンの分泌が活発で、若ハゲになる人はこの男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びついて発症します。オウゴンエキスやアロエエキスなど5αリダクターゼを抑制する成分が含まれることで近い将来の若ハゲを予防することができます。

男性ホルモンDHTを抑制する成分が入っているもの
上記と似たニュアンスになりますが、DHTとはジヒドロテストステロンの略で、男性ホルモンと5αリダクターゼが結びついた後の男性ホルモンになります。男性のほとんどの薄毛はこのDHTが原因とされているので、これを抑える必要があります。その成分がM-034やイソフラボン、亜鉛などです。若ハゲの症状は見られなくても、将来のために今のうちから積極的に使っても良いでしょう。

未成年なので経済的に負担の軽いものがよい

効果的な育毛剤を購入しようとしたら一万円以上はかかってしまいます。あまりにも安価なものだと育毛剤とは呼べないくらいお粗末なものです。本気で育毛に取り組みたいのならしっかりとしたものを使うことが大切です。とはいっても未成年ですから経済的な負担が少しでも軽い方が良いです。インターネットで購入できる定期購入や割引価格のある経済的な負担を軽くするプランのある育毛剤を使うことをオススメします。

その他にも

・無香料
・無着色
・無添加

がおすすめです。

女性の場合は生活習慣を先に改善

ただ未成年の女性は育毛剤をまず試すのでは無く生活習慣や睡眠生活を改善することをおすすめします。
お菓子など間食ばかりで体の栄養が偏ってしまうことも、頭皮環境を悪くさせ抜け毛の原因となる可能性があります。そのためバランスよく食事をし、特に髪に必要なビタミン、亜鉛、ミネラル、タンパク質などを意識して摂ると良いでしょう。

また、それと同じくらい大切なのが、睡眠時間です。寝ている間というのは成長ホルモンをはじめ、いろんなホルモンの分泌が活発になります。その影響で体の組織が細胞分裂を繰り返し成長します。髪も同じように寝ている時間に一番成長します。

男性ホルモンが少ない女性は出産後や姙娠などの女性ホルモンが乱れる場合以外は薄毛になることは少ないはずです。お菓子ばっかり食べていないかや夜の睡眠時間が減っていないかを考えてください。

副作用が無い安心の育毛剤はチャップアップ

副作用で子供の頭皮に悪影響が出るのが怖い・・・
と思う人が多いと思います。

しかし、チャップアップ育毛剤には副作用はありません。
理由は
添加物を無配合
香料も無配合
だからでです。

さらに
皮膚科専門医が判定したパッチテストもクリアし、
かゆみやヒリヒリ感を評価する低スティンギングテストもクリアしています。

子供の髪の毛が薄く今から薄毛予防改善をさせたい人に1番おすすめです。

\ 安心安全の育毛剤 /

チャップアップ子供

その他の育毛剤のラインナップはこちらで紹介しています。

\ サイト管理人がチャップアップを半年試した体験談です /

entr63_99

子供は嫌がるあの嫌な臭いってなに?

育毛剤 におい
育毛剤に関する様々な疑問点を取りあげていますが、今回は、「育毛剤がニオイを発している気がするが、これは何だろう?」という疑問に関してお答えします。

口コミサイトや比較サイトなどで育毛剤に関しての情報を集めていると、

・育毛剤からニオイがするのが嫌
・育毛剤を使っていたら髪の毛からニオイがするようになった

というような辛口の意見が見られる場合があります。
これは果たして育毛剤本体から発せられるニオイなのでしょうか?

それは、半分は正解、半分は不正解だと言えます。

正解の理由

販売されている育毛剤全てが日本全国の育毛剤使用者全員の好きな香りを出せるわけではないから

育毛剤によって求められている効能が違うため、成分によってはニオイがきつくなる傾向があるから

という2つの理由が、育毛剤自体のニオイである可能性が正しいことです。

どんな育毛剤にもそれぞれ求められている効能がありますが、その違いから、使用者の好みで無いニオイが発せられた場合に苦情が寄せられるようです。

不正解の理由

育毛剤の使用者本人の使い方が間違っている場合が多いこと

育毛剤使用者本人が、他の理由で髪の毛からニオイを発している場合もあること

間違った育毛剤の使用方法や、他の育毛方法におかしな点があると、髪の毛自体が雑菌を増殖させてニオイを発することがあります。

まとめ

正解と不正解の理由、どちらも理解していただけたでしょうか。

育毛剤を使っている方全てが、育毛剤を理解しているということは少なく、稀に未成年の方や育毛剤の注意点を理解しないまま使用しているケースもあるため、このような意見が巷で溢れることとなっているようです。

しかしあまりにも酷いニオイがある際には、消費期限などが過ぎていないかの確認も必要です。

entry45_99

気になる男性用育毛剤を探す♪

topチャップアップ topブブカ topフィンジア
topポリピュアEX topイクオス top薬用プランテル


頭皮の症状について調べる

top生え際 topつむじ top男性型脱毛症


カテゴリ

top育毛サプリ topAGAクリニック top育毛シャンプー

人気のAGAクリニック&体験談

topヘアメディカル top銀座総合クリニック topAGA治療体験談

育毛剤 におい
育毛剤に関する様々な疑問点を取りあげていますが、今回は、「育毛剤がニオイを発している気がするが、これは何だろう?」という疑問に関してお答えします。

口コミサイトや比較サイトなどで育毛剤に関しての情報を集めていると、

・育毛剤からニオイがするのが嫌
・育毛剤を使っていたら髪の毛からニオイがするようになった

というような辛口の意見が見られる場合があります。
これは果たして育毛剤本体から発せられるニオイなのでしょうか?

それは、半分は正解、半分は不正解だと言えます。

正解の理由

販売されている育毛剤全てが日本全国の育毛剤使用者全員の好きな香りを出せるわけではないから

育毛剤によって求められている効能が違うため、成分によってはニオイがきつくなる傾向があるから

という2つの理由が、育毛剤自体のニオイである可能性が正しいことです。

どんな育毛剤にもそれぞれ求められている効能がありますが、その違いから、使用者の好みで無いニオイが発せられた場合に苦情が寄せられるようです。

不正解の理由

育毛剤の使用者本人の使い方が間違っている場合が多いこと

育毛剤使用者本人が、他の理由で髪の毛からニオイを発している場合もあること

間違った育毛剤の使用方法や、他の育毛方法におかしな点があると、髪の毛自体が雑菌を増殖させてニオイを発することがあります。

まとめ

正解と不正解の理由、どちらも理解していただけたでしょうか。

育毛剤を使っている方全てが、育毛剤を理解しているということは少なく、稀に未成年の方や育毛剤の注意点を理解しないまま使用しているケースもあるため、このような意見が巷で溢れることとなっているようです。

しかしあまりにも酷いニオイがある際には、消費期限などが過ぎていないかの確認も必要です。

entry45_99