血行促進でハゲは改善されるのか?

数々の理由で薄毛リスクが高まることが知られていますが、その中でも中高年や運動不足の人、また若い女性などに多いと言われているのが、血液の流れが悪い状態が引き起こす薄毛です。

ここでは、血液循環とハゲ要因の重要な関係についてお伝えします。

血液の流れが悪くなる原因

まず、なぜ血液の流れが悪い人がいるのかについてご説明しましょう。
血液の流れが悪くなる原因には、主に次の3つの理由が挙げられます。

・運動不足
・食事の内容が悪い
・冷え体質であること

3つの原因のどれか一つでも当てはまる場合、すでに体内では血液の流れが悪くなっているかもしれません。

血液の流れが悪いとどうなるのか?
あらゆる理由で血液の流れが悪いとき、血行が悪い状態となります。
血行が良くない身体は健康な人の身体よりも体温が上がりにくくなり、免疫力が低下する、毛穴が開きにくくなるなどの症状が表れてしまいます。また、血行が悪い頭皮には育毛剤が染み込みにくくなることや、血行の悪い頭皮からは新しい毛髪が生えにくくなることも確認されています。
そのため、血行促進することが薄毛対策につながるとの見方もあります。

血行促進で育毛剤の効果を上げるには?

薄毛対策中に血行促進出来ていないと、育毛剤の効果が半減してしまいます。
つまり、血液の流れが悪いとハゲが進行してしまうということなのです。
育毛剤の効果を最大限に引き出したいのであれば、

・半身浴で身体を温める
・運動の習慣をつける
・身体を温める栄養素を摂る
・ツボ押しなどで対処する

などの血行促進方法を取り入れることが重要です。
entry62
_99