AGA(男性型脱毛症)ってなに??

AGA
薄毛対策中の方がよく耳にする言葉の一つが、AGA(男性型脱毛症)です。

これはAGA(男性型脱毛症)が、これまで考えられてきたように“遺伝”要因の脱毛症とは異なり、多様な要素を絡んだ脱毛症だということが解明されてきたからです。
また、AGA対策用の育毛剤なども目にする機会が増え、育毛対策中にAGAを気にする人も増えてきました。

しかし、初めて薄毛対策方法を探している人に対し、AGAという用語は少々難解です
そこでここでは、AGAが何を意味しているのか?
ということについて説明したいと思います。

AGAとは?

AGAとは別名男性型脱毛症です。
その名称の通り、AGAは男性に多いとされてきましたが、近年女性にもAGAを発症するケースが多数報告されています。

AGAは遺伝的要素に加え、生活習慣やその他の要因、それから男性ホルモンの過剰な活性化が原因となっている、脱毛症の一種です。

男性ホルモンの影響でAGAとなるならば、なぜ女性にも発症してしまうのか?
それは、女性も少なからず男性ホルモンを体内に持っているからです。
若干ですが、口ヒゲや背中の体毛として表れるのはそのためです。

あなたの脱毛症はAGA?

自分の薄毛がAGAに因るものかどうかは、完全な薄毛となる以前の段階でも分かります。代表的な兆候は以下の通りです。

フケの量が増え続ける

抜け毛の量が増える

頭皮にかゆみを感じる

頭髪以外の場所の体毛が増える

男性ホルモンが多大な影響を及ぼしているため、主に頭髪にAGAの兆候は表れているようです。

どのような人がAGAになるの?
AGAには、男性ホルモンの影響の他に、生活習慣やストレスが影響していると言われています。
そのため、生活習慣が悪い人や、ストレスを発散出来ていない人などは、AGAによる脱毛を経験してしまうとされています。

AGAの治療費用っていくら必要なの??

AGAがどんなものかわかっていただけたと思います。
ではAGAの治療にはどれくらいお金がかかるのでしょうか??

価格
皆さんのAGA対策では、

・育毛剤
・薬用シャンプー
・育毛サプリメント
・育毛用へアトリートメント

などを用いられていることと思われます。

そういった通常手軽に使用できるAGA対策グッズを使い続けていても、すぐに育毛を実感したいという先走りから、医院やクリニックなどでのAGA治療が気になるという方もいらっしゃいます。

AGA治療はここ数年でようやく一般的になってきましたが、情報が散乱しているため、AGA治療にかかる費用があまり掴めないという方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、薄毛対策中に気になる『AGA治療』についてご紹介します。

AGA治療とは?

医院によっても異なりますが、基本的には1ヶ月~1年単位で契約します。

・医師の診断&頭髪状態の撮影
・経口薬を決定するための血液検査
・AGA予防薬(経口薬)の処方
・場合によって頭皮に特殊針などで直接薬剤を注入

以上のような治療が一般的です。

AGA治療にかかる費用

早い医院やクリニックでは半年ほどで薄毛改善がみられます。
その反面料金も高く

・1ヶ月の経口薬:約1万円~
・頭皮に直接注入する治療:1回5万円~10万円以上
・処方薬とは別の育毛サプリメント代:1ヶ月分約1万円~

といった高価格設定の医院がほとんどです。

AGA治療への保険適用は?
医院やクリニックなどでのAGA治療には、保険が一切適用されません。
AGA治療は歯科でのホワイトニングや矯正治療と同じく、一般治療とは異なる内容の治療であるため、保険が適用されないことになっています。

また、AGA治療に用いられることの多いフィナステリドも保険適用除外薬であるため、処方薬にかかる費用も全て自己負担となります。

いかがでしたか??
AGA治療について少しは分かったと思います。
もし、自分が脱毛症かもと思った場合はお近くの医院やクリニックに行く事をお勧めします。

AGA治療で処方される医薬品とその効果

次にAGA治療をしている人達が処方される育毛成分を紹介します。

フィナステリド

育毛医薬品「フィナステリド」は、脱毛男性ホルモン成分の抑制効果があるとしてAGA(男性型脱毛症)に悩む人に処方されている薬です。
日本では2007年に医療機関でも内服薬として処方されるようになりました。

ミノキシジル

育毛医薬品「ミノキシジル」は、毛根部分の血管拡張を発揮する効果があるとして、厚生労働省より医薬品認可を受けている薬です。
ミノキシジルには内服薬だけでなく外用薬もあり、フィナステリド等と併用することで相乗効果が期待できるといわれています。

塩化カルプロニウム

育毛医薬品「塩化カルプロニウム」は、厚生労働省より医薬品認可を受けている薬です。
その育毛効果は、円形脱毛症やびまん性脱毛症、悪性脱毛症、壮年性脱毛症などが挙げられますが、非常に強い作用があるので高濃度での使用には注意が必要となります。