育毛剤 副作用

育毛剤の副作用

育毛剤

育毛剤で副作用が起きたという話はほとんどありません。しかし、正しくない育毛剤の知識を持って育毛剤を使用した場合、副作用を引き起こしてしまったという調査結果も少なくは発表されています。

 

育毛剤は、正しく使用してからこそ効果を発揮します。
育毛剤生成に携わっている研究員や医師、製薬業者などは使用を守って使用した場合に効果を発揮することを想定し、作成しています。

 

逆に言えば育毛剤の使い方を誤っていれば使った結果、以前よりも頭皮が酷い状態になってしまうこともあり得ない話ではないのです。

 

こういった育毛剤の使用を見誤らないためにも、
これから薄毛対策をする上で必要な“育毛剤の副作用”についての理解を深めてください。

 

医薬品「プロペシア」の副作用

育毛剤

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療薬で、一般名は「フィナステリド」と呼ばれています。男性の薄毛の原因である男性ホルモンの生成を抑制し、抜け毛や薄毛を防ぎます。
もともと、プロペシアは前立腺肥大症の治療薬として使われていましたが、服用した患者が発毛したという報告を受けて研究された医薬品です。

 

海外では60カ国以上でAGA治療薬として承認されています。また、日本国内では2005年からMSD株式会社がプロペシアとして販売しています。

 

胃の不快感や性機能の低下

育毛剤

フェナステリドを含む育毛剤の副作用は、胃の不快感、だるさ、性機能の低下などの症状があげられます。1mgのプロペシアを使用した国内の臨床試験では、精子減少などの男性機能に関する影響が確認されています。他にも、発疹、じんま疹、かぶれ、顔や唇の腫れなどの過敏症、抑うつなどが報告されています。

 

重篤な肝機能障害の報告もある

育毛剤

プロペシア服用による重篤な肝機能障害も十数例報告されています。プロペシアは国内で数十万人が服用しているとされています。それに対して、重篤な肝機能障害が十数例というのは、他の医薬品と比較して特別に危険であるとは言えないでしょう。ただし、肝機能障害を持った人がプロペシアを飲むとそれが重篤化することもあるので、服用の前に医師に相談するようにしましょう。

 

有効成分「ミノキシジル」の副作用

育毛剤

次は、さまざまな育毛剤に含まれている有効成分ミノキシジルの副作用について見ていきましょう。ミノキシジルは、血管拡張作用のある成分で、もともとは高血圧の薬でしたが、発毛効果があることがわかったため、育毛剤として活用されるようになりました。

 

頭皮のかゆみや湿疹

育毛剤

ミノキシジルの副作用として最も報告例が多い症状は、頭皮のかゆみです。他にも、血管拡張作用による低血圧の症状や、腕やヒゲ、足などの毛が部分的に濃くなる副作用も報告されています。他にも、頭皮の湿疹や炎症も報告されています。

 

アメリカ食品医薬局(FDA)は、ミノキシジル含有薬ロニテンのさまざまな副作用として、胸・喉の痛み、体重増加、しびれ、頭痛、めまい、脱力感、動悸、軽いあざや出血、足や足首の腫れ、喉の渇き、じんましんなどがあると発表しています。

 

また、ミノキシジルは頭皮に塗布しても毛根にはほとんど浸透しないという特徴があります。そのため、リアップやロゲインなどミノキシジル配合の塗布薬は、ミノキシジルの浸透を促す目的で添加物が大量に含まれており、頭皮かぶれの原因となることがあります。

 

ミノキシジルに発ガン性はあるのか

育毛剤

ミノキシジルに発ガン性物質が含まれており発がんのリスクが高いといった噂が広まっているようです。しかし、発がん性のある成分を厚生労働省が許可するわけがないので、ミノキシジルとがんは全くの無関係であると言えます。

 

ミノキシジルでがんのリスクが高まるといった研究結果は出ていないので安心してください。ただし、現在がんの治療を行っている人は、ミノキシジルを使用することができないので注意が必要です。

 

女性が男性育毛剤を使うリスクとは

育毛剤

薄毛に悩む女性の中には、女性用育毛剤の効果に満足できず「男性用の育毛剤には発毛力があるのでは」と思う人もいるのではないでしょうか。女性が男性育毛剤を使用するとどのような副作用が現れるのでしょうか。

 

ここでは、ミノキシジル配合の育毛剤リアップの副作用についてご紹介しましょう。

 

妊娠中の育毛剤使用は控える

育毛剤

女性にとって最も心配なのは、妊娠中の副作用です。ミノキシジルの妊娠中の女性への影響はまだ不明です。

 

しかし、妊娠中や育児中の女性は胎児や子どもへの悪影響も考えられるので育毛剤の使用は控えたほうが良いでしょう。産後の脱毛に悩んでいる女性は、授乳中の使用が許可されている育毛剤を選んで使用するようにしてください。

 

また、女性と男性を比較した場合、女性は濃度が低いミノキシジルでも効果がみられると言われています。男性用育毛剤であるリアップは、ミノキシジルの濃度が高すぎるため女性にはおすすめできません。

 

そもそも男性用育毛剤は、男性ホルモンの働きを抑えて発毛を促すタイプのものが多く、もともと男性ホルモンの分泌量が少ない女性にはあまり効果が期待できない商品なのです。

 

女性用育毛剤はミノキシジルの濃度が低い

育毛剤

女性は必ずしも発毛を求めず、髪にハリやコシ、ボリューム感を出すことが育毛剤使用の目的である場合も多いでしょう。

 

先に述べたように、女性はミノキシジルによる副作用が起こりやすいため、体毛が濃くなるリスクもあります。女性がリアップを使用する場合はミノキシジルの濃度が1%に抑えられた「リアップリジェンヌ」を使用するようにしましょう。

 

男性用の「リアップX5プラス」よりも4%もミノキシジルの濃度が低いため副作用のリスクも低く抑えられます。

 

 

entry5_99

気になる男性用育毛剤を探す♪

topチャップアップ topブブカ topフィンジア
topポリピュアEX topイクオス top薬用プランテル

頭皮の症状について調べる

top生え際 topつむじ top男性型脱毛症

カテゴリ

top育毛サプリ topAGAクリニック top育毛シャンプー

人気のAGAクリニック&体験談

topヘアメディカル top銀座総合クリニック topAGA治療体験談