育毛剤 効きやすい人と効きにくい人

育毛剤が効きやすい人と効きにくい人

育毛剤の効果がすぐに反映される人と、育毛剤を長年使っているのに効果が表れない人がいます。

 

※もう一つは稀ですが、残念なことに本来ならば育毛剤の効果が出ているにも関わらず、精神的な面で悪い方へと考えてしまうようになり育毛対策前てを止めてしまう方もいらっしゃるようです。

 

育毛剤が効きやすい人と効きにくい人の違い

育毛の土台が整っているかどうか

髪を増やすには、土台となる頭皮の健康を保つ必要があります。頭皮を清潔に保ち、血行を促進することが髪の成長には欠かせません。

 

毛根の毛母細胞の分裂により、髪の毛は成長するのですが、頭皮の毛穴が皮脂で詰まってしまうと、発毛を阻害します。

 

頭皮の衛生状態を整えるとともに、頭皮に悪影響を及ぼすストレスや運動不足に気を配り、食生活など生活習慣の乱れも整えることが、発毛の第一歩であることを頭に入れておきましょう。

 

髪質も関係がある

髪質は大きく分けて「軟毛」と「硬毛」の2種類があります。軟毛は「ねこっ毛」とも呼ばれ、キューティクルの層が薄いだけでなくコルテックスの密度も低く、見た目も細く柔らかな印象です。一般的に、細くて柔らかい髪質は薄毛になりやすいと言われています。

 

一方、硬毛は1本1本が太くしっかりと硬い髪の毛のこと。キューティクルの層も厚く、コルテックス密度も高いので、丈夫で抜けにくいといった特徴があります。

 

薄毛の進行段階も影響する

薄毛の進行段階も育毛剤の効きに影響を与えます。薄毛の進行を大きく5ステージに分けてご紹介しましょう。

第1ステージ

症状がほとんど進行していない段階です。この段階で薄毛予防を行えば大きな効果が得られるのですが、育毛剤の使用は控えておいた方がよいでしょう。この段階では髪の健康を維持するシャンプーを使用し頭皮環境を整えるだけで十分です。

第2ステージ

抜け毛や生え際の後退、Mはげ気味が気になるようになったら第2ステージに入ったと自覚しましょう。この段階では、抜け毛や頭皮に関する書籍などで知識を得て、自身がとるべき対策を模索し、必要に応じて専門家に相談するなど適切な行動をとることが大切です。

第3ステージ

はっきりと薄毛だと認識できる段階です。抜け毛の進行を阻止する対策をただちに講じるべきです。

第4ステージ

脱毛がかなり増える第4ステージにまで進行すると育毛剤の使用は避けられません。薄毛の原因を把握し、自身の症状に合った商品を選んで使用しましょう。専門家による薄毛治療も検討する段階です。

第5ステージ

既にすべての毛髪が抜け落ちた段階です。自身で対策を講じる段階ではありませんので、医療機関で発毛治療を受け、じっくりと発毛に取り組みましょう。

 

薄毛は早期対策が効果的

第3ステージまでであれば、生活習慣の見直しや育毛剤、育毛シャンプーの活用により薄毛改善の可能性があります。

 

早めに行動することで薄毛を効果的にケアできます。

 

育毛剤が効きやすい人はどのような人?

育毛剤を使った人の感想を調べてみると、「どんな種類の育毛剤でも1ヶ月ほどで効果が表れたことがある」という方もいます。

 

薄毛対策でこのような結果が表れることがある方は少なく、とても羨ましいパターンだと思われるでしょうか。
しかし、このような人は実際に一定数いるのです。

 

育毛剤が効きやすい人の特徴
  • どんな育毛剤を使っても平気なほど肌が強い
  • 育毛剤だけでなく、育毛マッサージやストレスケア、食生活改善など考えられる対策は全て行っている

 

という点が挙げられます。

 

その中でも、育毛対策を全て行っている点が肝心なところです。
下記に記載する通り、育毛剤が効きにくい人とは正反対の特徴だからです。

 

育毛剤が効きにくい人はどのような人?

びまん性脱毛症の人

びまん性脱毛症は、毛髪全体が薄くなる症状です。「女性男性型脱毛症(FAGA)」とも呼ばれ、更年期を迎えた女性に多くみられる症状です。

 

加齢

女性ホルモンに含まれるエストロゲンの減少により、脱毛や髪が細くなるなどの変化が起きます。また、皮脂の減少により頭皮のうるおいを保てなくなることも原因となります。

 

経口避妊薬(ピル)の影響

ピル服用時は女性ホルモンが増加するため脱毛が減りますが、長期的に継続使用するとホルモンバランスを崩し、異常脱毛を引き起こします。

 

ストレスの影響

ストレスがかかることにより、頭皮の毛細血管が収縮し毛乳頭まで栄養が運ばれなくなることで髪の成長が阻害されます。また、自立神経のバランスも崩れることで、髪が細くなり抜けていきます。

 

食生活の乱れ・過度のヘアケア

過度なダイエットや、ファストフードの摂取は脱毛や頭皮の血行不良を引き起こします。また、洗浄力の強いシャンプーを使いすぎると、皮脂を洗い流してしまい、皮膚トラブルのもととなります。

 

脂漏性脱毛症の人

脂漏性脱毛症は、ホルモンの乱れにより、皮脂が過剰に分泌され毛穴が詰まることが原因で起きる症状です。頭皮が脂っぽくて赤く炎症を起こし抜け毛が多い場合は、脂漏性脱毛症かもしれないので注意しましょう。

 

脂漏性脱毛症の人は、育毛剤を使用する前にまずは、頭皮の皮脂を適度に保つための対策を考えましょう。市販されているシャンプーは、洗浄力が強すぎ必要な皮脂まで除去してしまいます。合成界面活性剤を使っていないシャンプーを選び、すすぎも入念に行いましょう。

 

頭皮環境が悪い人

毛穴に皮脂や汚れが詰まっていると、育毛剤の有効成分の浸透を妨げてしまいます。育毛剤を使用する前に、まずは育毛シャンプーや頭皮マッサージによって頭皮の環境を整えるようにしましょう。頭皮の血管を拡張・縮小する効果を狙い、冷水と温水を交互に頭皮に浴びる方法も良いでしょう。血行促進が期待できます。

 

頭皮の炎症やフケの増加、かゆみがある場合は、シャンプーが肌に適していない可能性もあります。また、シャンプーや頭皮マッサージは、力加減に注意を払うようにしましょう。力任せにマッサージすると頭皮を傷つけてしまい、炎症をさらに拡大させてしまいます。

 

育毛剤が効きやすい人と効きにくい人はまるで正反対の特徴を持っています。

効きにくい人の特徴
  • 育毛剤の使い方がどこかおかしい
  • 育毛剤に頼るばかりで他には何もしないで過ごす
  • 育毛剤マニアになってしまっている

つまり、育毛剤が効きにくい人は効きやすい人と比較して、基本的には自分の力で何も行おうとしないということです。
薄毛予防や育毛を本気で目指したいならば、何かグッズに頼るだけでは足りません。

 

育毛剤がいくら効果的だと言っても補助的な存在ですから、育毛剤+自分でやる育毛対策が基本のセットだと強く認識しましょう。
entry49_99

 

AGA系の脱毛タイプの人はAGAクリニックへ

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略称で「男性型脱毛症」のことを指します。特に若い男性に多く見られる脱毛タイプで、男性ホルモンが主な原因と考えられており、脱毛症の90%以上がAGAだといわれています。

 

主に、髪の生え際が徐々に後退し、頭頂部の毛髪が薄くなるなどの症状が現れます。

 

AGA治療は、一人ひとりの症状に合った対応が必要です。そのため、独力で治療をしても発毛しないことも少なくありません。真剣にAGAの治療を検討する人は、やはりAGAクリニックに足を運ぶべきでしょう。主なAGA治療は、プロペシアやミノキシジルなどの育毛剤の服用・塗布があげられます。また、注射器などで成長因子や育毛剤を体内に注入するAGA治療も有効です。

 

薄毛の初期段階なら育毛剤がおすすめ

  • 「髪が細くなってきた」
  • 「生え際が気になる」
  • 「朝、起きると枕の抜け毛が目立つ」

と感じたらすぐに育毛剤などでケアを始めましょう。

 

薄毛や脱毛を放置し続けると毛乳頭が消滅し発毛が困難になります。初期の段階であれば、毛乳頭が十分に機能しているので発毛力を強化できる可能性も大きいのです。

 

「育毛を促す栄養補給」「毛乳頭の活性化」「頭皮の血行や新陳代謝を高める」――この3つが育毛剤の主な効果です

 

育毛剤を選ぶときはこれら3つの効果が期待できる商品の購入をおすすめします。

気になる男性用育毛剤を探す♪

topチャップアップ topブブカ topフィンジア
topポリピュアEX topイクオス top薬用プランテル

頭皮の症状について調べる

top生え際 topつむじ top男性型脱毛症

カテゴリ

top育毛サプリ topAGAクリニック top育毛シャンプー

人気のAGAクリニック&体験談

topヘアメディカル top銀座総合クリニック topAGA治療体験談