髪の毛って何でできているの??

髪の毛って何でできている?
あなたのお使いの育毛剤の容器には、様々な育毛有効成分が記載されていることでしょう。
育毛剤に用いられている成分は、基本的には専門家の指導を受けながら配合されています。

そのため、ある程度育毛剤を試してみると、全く違う会社が作っているはずだというのに成分がほとんど同じだった、という発見をされた経験をお持ちの方も多いはずです。

それもそのはず。育毛剤を作っている会社が、『髪の毛の育成に役立つ成分』を求めて研究に研究を重ねた結果が、大抵そのような有効成分に落ち着くからだというのが一つの理由です。

そのように、ハゲと言われて傷ついている人々の薄毛を改善させたいという強い思いを持った専門家たちが作った育毛剤のほとんどが、最初に髪の毛の成分を意識して作られているのです。

髪の毛の成分に近い成分を調合し、育毛剤を改良し続けることが可能だからです。
つまり育毛剤には、髪の毛本来の成分に限りなく近いものが使われているということです。

ここで、髪の毛は何で出来ているのかについて、ご説明しましょう。

髪の毛の成分ってなに??

髪の毛の成分を辿っていくと、たんぱく質に行き着きます。
納豆やササミなどに含まれていることで有名なたんぱく質です。

そのたんぱく質が様々なものに変化しますが、“ケラチン”というものに最終的に変わります。
そのケラチンが髪の毛となります。
ですから育毛剤にはケラチンに近い成分を配合したものもあれば、ケラチンを生成するのに有効なビタミンや亜鉛、その他の成分を調合したものも多数あるのです。