遺伝以外のハゲの原因

ハゲ 原因
ハゲ=遺伝だと思っている方が多いようです。
特に日本人の大半が遺伝的な原因がハゲだという調査結果もすぐに確認出来る世の中ですから、自分の薄毛が遺伝のせいだと思われる方が多いのも無理はありません。

しかしながら、
「父さんもおじいさんも、そのまたおじいさんもハゲだから俺もハゲ」
「お母さんって薄毛だったけど、私ももしかしてハゲてきてる?!」
「ハゲは遺伝って聞いたからもう諦めよう…」

こんな風に、自分のハゲを遺伝のせいにしていては、せっかく治るかもしれないハゲも、治せるタイミングを失ってしまいます。

実はハゲというのは遺伝以外にも様々な要因が絡み合い、それが元でハゲになる場合も多いのです。

ですから、そういった『遺伝以外のハゲの要因』を調べることで、自分の本当のハゲの原因や、また、そのハゲの要因を予防する方法などを知ることが可能となります。
それでは、ハゲの要因は、遺伝的なものの他に何があるのでしょうか?

遺伝以外のハゲの原因

要因となるのは食生活やストレス、その他様々なものがありますが、それらの要因の大元を辿っていった際、近年実態が露わになってきたのが、『AGA=男性型脱毛症』だと言われています。

AGAは男性型脱毛症という別名の通り、男性を中心として(※)男性ホルモンの増加による毛細胞の発達阻害によるものだ、と言われています。
※近年では女性にも多くみられるようになっています。

このように、遺伝以外にもAGAという要因がハゲと関与していることが判明しています。
遺伝要因のハゲにはそれなりの、またAGA要因のハゲにはそれなりの対策方法がありますので、自分のハゲ要因を見極めるのが、育毛対策の要だとも言えます。
entry4_99