ハゲ対策のお風呂の入り方

ハゲ お風呂
薄毛になりやすい人、また育毛対策中にも関わらず抜け毛が減らないという人の共通点には様々なものがありますが、中でも『お風呂の入り方』と『髪の毛の洗い方』については見過ごされがちです。

食生活や育毛剤の使い方などは、ある程度普段の生活とも密着しているためハゲることを憂慮するならば普通の人でも改善しやすい項目ですが、お風呂や洗髪に関してはあまり着目していない人も多いようです。

しかしハゲ無いようにするためには、食事の摂り方や育毛グッズの使い方同様に、入浴や洗髪の方法にも注意が必要です。
それでは、具体的にハゲ無いための入浴&洗髪方法についてご説明しましょう。

理想のお風呂の入り方

では具体的に、どのような入浴の仕方ならば育毛ケアとして十分な効果を出せるのか?
その点についてもさらに詳しく見てみましょう。
まずは、湯船に浸かる習慣をつけましょう。

毎日はいる

毎日の入浴で体内リズムを整えることは、毛乳頭周辺の細胞の正常な働きを促進するためにも必要です。
お風呂には毎日入る習慣を付けましょう。
一部の薄毛進行中の方の中には、お風呂が苦手、またはお風呂に入る時間が少ないという理由で、普段からあまり湯船に浸からないという人がいます。

入浴剤を入れてリラックスした状態を長く保つ

入浴剤を入れてリラックス効果を高めると血行が促進され、
育毛剤の効き目が良くなります。
ハーブなどのリラックス効果がある香りつきの入浴剤が特におすすめ。

音楽を聞くのもよし

音楽もリラクゼーション効果を高める行動のひとつ。
週に1~2度は、自分の好きな音楽を聴きながら入ると効果的です。
スマホで音楽を聴いている人はジップロックなどで水が入らないようにするなど工夫をすれば浴室でも使えます。

15分以上入って血行を良くする

以上3つの入浴方法を行う際には、必ず15分以上浸かることも意識しましょう。
ぬるめの温度での入浴は副交感神経を働かせ、体全体をリラックスさせます。
そうして緊張感の抜けた頭皮には、育毛剤が染み込みやすくなるようです。

お風呂にゆっくり浸かることで身体全体が温まります。
すると身体全体はもちろんのこと、頭の毛穴も開きやすくなり、入浴後の育毛剤の浸透率が高くなります。

それに加えて、入浴すると血液循環が改善されて頭部の血管が拡張し、毛根に髪の毛の素=栄養が届きやすくなります。
血管の状態が良好ならば、栄養が毛細胞に到達しやすくなるのです。

毛根にある毛細胞、その更に中心部分にある毛乳頭細胞の活性化が将来的な髪の毛全体の健康へと結びつきますので、
どんなに入浴が難しい人でも週に3日程度は湯船に浸かる習慣を付けると良いでしょう。

ハゲ対策洗髪方法 洗髪アイテムのアドバイス

では次に、育毛効果の得られる洗髪方法についての情報を詳しくご説明しましょう。

洗髪方法1 BESTな温度でのシャワー

ハゲの人が洗髪する際には、必ずぬるま湯のシャワーでやさしく行いましょう。

熱いお湯では、雑菌や皮脂で傷んだ頭皮をさらに刺激することになりかねませんし、
冷たい水では、頭皮が緊張してしまい血流が滞ります。

洗髪方法2 市販のシャンプーは避けて!

洗髪方法では、シャワーの温度以上に大切なことがあります。
それが、市販のシャンプーを避けることです。

数年前から市販のシャンプーの頭皮への危険性が知られるようになりましたが、
市販のシャンプーには様々な頭皮ダメージを誘発する成分が含まれていることが判明しています。

中でも鉱物由来の物質であるシリコンは、最も悪影響を与えると言っても良いほどの成分で、
頭皮への強烈なダメージが指摘されています。

市販のシャンプーにはこのシリコンの使用率が高いものが少なくないため、
何気なく使用を続けるだけでも育毛剤の効果を半減させてしまうのです。

ですからどうしても市販のものが使いたい場合には、
必ず“ノンシリコン”のシャンプーを選ぶようにしましょう。

すぐに使える豆知識 選んではいけないシャンプー

シリコンに関連した豆知識として、
ここでは“頭皮に悪い成分”をいくつかご紹介したいと思います。

ラウリル硫酸Na

石油系の合成界面活性剤の一種です。
強力な洗浄力がある反面、髪の毛のキューティクルを破壊しダメージを受けやすくする面も
他の悪影響のある成分を染み込ませやすくするとも言われています。

ラウレス硫酸TEA

界面活性剤の一種です。
海外では使用を禁止するケースも見られています。

パラベン

旧指定成分にも含まれていた防腐剤系の成分です。
髪の毛や頭皮に蓄積されることでダメージを与えるとされています。

【ギモン】テレビで水で洗うだけがいいとか、髪はシャンプーしない方がいいってあるけど、それって本当?

髪の毛が生える際に関わる頭皮の状態(皮脂・雑菌の有無・毛乳頭の状態)や髪の毛の質などは千差万別。
したがって、シャンプーの正しい方法も一人ひとりの頭皮の状態で異なります。

テレビや雑誌などの情報を鵜呑みにせずに、
必ず自分の髪質や頭皮の状態をチェックした上で、育毛ケアを行うようにしましょう。

ハゲ対策 洗髪方法

ハゲ 洗髪
ハゲ予防には髪の洗い方も重要になります。間違った洗い方をすれば逆に髪の毛が抜ける原因になるかもしれません。
ハゲ無いためには、デリケートな頭皮を労わる必要があります。
男性はとりわけ気を付けるようにしましょう。また洗いながらマッサージができる洗髪グッズなどもあるので自分にあったグッズを探し、頭皮のマッサージも行いましょう。
ハゲる洗髪方法とハゲ無いための洗髪方法を学びましょう。

ハゲる洗髪方法

シャンプー中に爪を立ててゴシゴシと洗う

リンスやコンディショナーを地肌にもしっかりとつけている

毛先中心に洗っている

いかがでしょうか。
女性ならこのような洗髪方法は良くないということをご存じの方も多いかもしれませんが、男性の中には普段何気なくやってしまっているという方もいらっしゃったかもしれません。

しかし、以上3つの洗髪方法では確実に抜け毛が増えてしまいます。
今すぐ改善すべく、次の洗髪方法に変えていきましょう。

ハゲないための洗髪方法

爪は使わず、指の腹で洗髪しましょう

身体の中でも、頭の地肌はとてもデリケートな部分です。特に、ハゲたくないという方なら気を付けるべき箇所でしょう。
そのような敏感な地肌ですから、爪で傷付けてしまうのはご法度です。
柔らかい指の腹を使い、美容室などで洗ってもらうようなイメージで優しくもしっかり洗うようにしましょう。

リンスやコンディショナーは地肌に塗り込まないようにしましょう

リンスやコンディショナーなどの成分は、元々地肌ではなく毛先のダメージを修復するために配合されています。
地肌にそういった成分が残ってしまうと皮脂の過剰分泌や雑菌の元になっていまいますので、毛先だけに付けるようにしましょう。
以上のような方法を取り入れることで頭皮が健康になり、育毛剤の浸透しやすい良好な状態へと生まれ変わります。

いかがでしたか??
お風呂でのハゲ対策は色々あります。お風呂は育毛にはうってつけの場所なので自分からハゲるような行為は絶対NGです。

entry30_99