ハゲ(薄毛)対策の食生活 増毛したければこの成分を摂取しよう

ハゲ 食生活

【フサ男さん】
今回はハゲ(薄毛)対策におすすめの食生活と育毛におすすめの成分を紹介していくぞ!
食べず嫌いはすぐにやめて、髪の毛が育ちやすい環境を作っていくぞー!
【波平課長】
おぉーー!

【カッパくん】
メモの準備も忘れずにーー♪♪

薄毛対策をどうしても成功させたいと思われる方がほとんどですが、どんなに良い頑張っても、なぜだかハゲの進行が止まらない方が大勢います。

そういった方々の共通点には、『食生活の乱れ』があります。
食生活がアンバランスまたは偏っていると抜け毛・薄毛となる事が多いようです。特に男性の場合は脂質中心の生活の人は十分注意したほうが良いでしょう。他にも睡眠や生活習慣の乱れが原因の場合もありますが、食事が原因の薄毛や抜け毛が現代では多くなっているようです。

【フサ男さん】
つまり、食生活のひどさが主な原因でハゲてしまった方の場合、食生活を改善しなければ他の育毛対策がうまく効果を発揮しない可能性があるんだね!
ということで、今から『ハゲ無い為の食生活』を紹介していきたいと思います。
併せて、増毛のために必要な成分も紹介しますので、しっかりとついてきてくださいね。

ハゲ(薄毛)対策の食生活 バランスよく食べ、脂質はできるだけ避けよう!

自分の生活リズムにあった食生活でバランスよく食べる
パンよりも米、肉より魚の日本食をメイン
脂っこい食べ物は少しだけ
過度なダイエットは禁止
育毛に悪い食事の時間帯を避ける

夜間や寝る2時間前の食事を避けた方が、髪の毛にとっては良いとされています。
食事をした後というのは、食べ物を消化するために胃に血液が集中しがちです。
そのため、睡眠前に食事を摂ると、睡眠時の血流が悪くなり、髪の毛の成長に必要な血液や栄養素が行き届かなくなってしまいます。
また、夜間の食事は肥満の原因にもなりかねません。

育毛に悪い食事のとり方をしない

髪の毛の健康にとって「食べすぎ」は禁物だといわれています。
寝る前の食事と同様、食べる量が多すぎると身体に脂肪をつきやすくしてしまいます。
脂肪が多い人ほど頭皮の皮脂が分泌されやすい傾向にあるため、頭皮の毛穴詰まりを起こしてしまう恐れもあります。
また、食事のバランスにも注意しましょう。
「海藻類が髪の毛に良い!」と聞いたからといって、ワカメや昆布だけを食べていても、髪の毛は育ってくれません。

外食中心の食事をしないこと

外食ばかりするのも薄毛の原因として考えられています。
外食中心の食生活というのは、どうしても脂っぽい食べ物や糖分の多い食べ物、塩辛い食べ物を多く摂ってしまいがちです。
脂っぽい食事ばかりしていると皮脂の過剰分泌を引き起こしかねませんし、糖分は髪の毛の生成に必要なビタミンB群を大量に消費させてしまいます。また、塩辛い食べ物は肝臓機能の低下につながり、血流を悪化させる恐れがあるといわれています。
いずれも、摂りすぎると髪の毛の成長に良くないと考えられます。

どうしても食べたい時は低カロリーを心がける

夜間や寝る前にどうしても食べたくなってしまった、という時は、なるべく低カロリーのものを食べるようにしましょう。
もちろん、食べ過ぎは禁物ですが、空腹の状態は睡眠に悪影響が出る恐れがあるため、我慢しすぎるのも良くありません。
サラダなどの野菜類、もしくは果物を少量摂るのがベターですが、豆腐や魚などの低カロリーな食材で満腹感を得るのも良いかもしれません。

過度な飲酒はやめておく

いくらお酒が好きでも、髪の毛の事を考えるならほどほどにしておきましょう。
アルコールを摂りすぎると肝臓に負担がかかり、血流を悪化させてしまいます。
肝臓は髪の毛の生成に大きく関係しており、髪の毛の元となる「たんぱく質」を作る働きを持っているのです。
そのため、過度な飲酒で肝臓の機能が低下すると、髪の毛が育たなくなってしまう可能性があります。

インスタント食品はほどほどにしておく

自炊するのが面倒だからといって、簡単なインスタント食品ばかり食べていませんか?
カップラーメンは手軽で簡単、しかもおいしいといった魅力的な食べ物です。
しかし、食べ過ぎると抜け毛の原因になるといわれているのです。
カップめんを含むインスタント食品の食べ過ぎは塩分過多になりやすく、血圧を上昇させたり腎臓の機能を低下させたりするといいます。
結果、血流の悪化を招き、髪の毛に必要な血液や栄養素が行き届かなくなってしまうのです。

サプリメントを飲むなら食後に

亜鉛やビタミンC、ノコギリヤシなどハゲ対策に効果のあるといわれているサプリメントを飲むのであれば、食後をおすすめします。
食後は胃液の分泌や腸の働きが活発になっているため、サプリメントの成分を効率よく吸収することができると考えられます。
また、亜鉛サプリは空腹時に飲むと胃痛や頭痛、吐き気に襲われたというケースも多くあります。
これは、空腹時は胃酸がないためと考えられます。
もちろん、サプリメントの過剰摂取にも気を付けてください。

ストレスに感じない程度に食生活を改善すること

ハゲ対策をすると決めたからと言って、いきなり食生活を大きく変えてしまうと、身体がついていかれず体調を崩してしまう可能性があります。
ストレスに感じない程度に、徐々に食生活を改善していきましょう。
ストレスは血行を悪くさせる原因となります。
食生活を改善してもストレスだらけになってしまっては元も子もありません。

自分の生活リズムにあった食生活でバランスよく食べる

1日3食を無理に食べる必要はありません。ただし、お菓子や甘い食べ物の間食はNGです。
毎日バラバラの時間に食べるのでは無く、できるだけ決まった時間に食べるようにしましょう。
食べる物も少し野菜や穀物などを多く食べることを意識して、脂質は控えましょう。(食べないと食事バランスが崩れるので少しは食べる必要があります。)また何度も言いますが、糖質はNGです。

パンよりも米、肉より魚の日本食をメイン

洋食よりも日本食に近い食生活がおすすめです。日本食は味付けもシンプルでカロリーもかなり抑えることができます。
ハゲ(薄毛)対策のついでにダイエットもできるかも!

脂っこい食べ物は少しだけ

脂質は食べ過ぎに注意すれば、食べても問題ありません。むしろ身体の健康の為には脂質は必ず必要です。
ただ、その量が多くなれば皮脂の過剰分泌に繋がる可能性があります。

ちなみに脂質といってもオリーブオイルなどの植物性の油などは問題ありません。これもアルコールと似て、血液の流れを良くする効果があります。
それとは逆の動物性脂肪や脂は要注意です。動物性脂肪のとりすぎには注意が必要です。

過度なダイエットは禁止

女性に多いダイエットですが、やり過ぎは禁物です。ひどい場合は『びまん(瀰漫)脱毛症』というものになる可能性も。。。
女性に多く出る症状として、びまん(瀰漫)性脱毛症という脱毛の種類があります。簡単に言うと過度なダイエットが原因でヘアサイクルが乱れ女性も男性と同じような脱毛症に陥るということです。
詳しくはコチラ⇒びまん(瀰漫)脱毛症について

【フサ男さん】
食生活についてはこれでわかったかな??
特にウス美ちゃんは無理なダイエットをしちゃダメだよ!
あと波平課長も飲み過ぎには注意ですよ。
カッパ君も若いからって暴飲暴食なんて絶対ダメだぞ!

ここからは髪の毛が生えにくくなる食べ物を紹介していこう!!

髪の毛が生えにくくなる食べ物

アルコール全般

ご存じの方も多いように、
ビールや日本酒などのアルコールの飲み過ぎは血管を収縮させ血流を悪くさせる事もあります。
そうなると結果的に頭皮や髪の毛への栄養が行き届かなくなってしまいます。

※ただし、これはあくまで飲み過ぎの人だけです。少しのアルコールならストレスの発散や血行の促進をしてくれますので、髪の毛の増毛には適しております。
アルコールは量によっては味方にもなるので、飲み過ぎにだけは注意しましょう。また少しの量だからといって毎日飲むことは危険です。しっかりと休肝日をつくって下さい。

糖質の高いチョコレートやアイスクリーム

糖質の摂り過ぎは、頭皮の皮脂を過剰に分泌させてしまいます。過剰に分泌した皮脂のせいでヘアサイクルが乱れる原因となります。
特にチョコレートは栄養バランスを一気に崩すほどの砂糖が入っていますので、可能な限り取らない事をおすすめします。

その他にも

・スナック菓子
・肉の脂身
・ジャンクフード

などがあり、以上のような食べ物には、脂質&塩分が高濃度で含まれています。
塩分や脂質は頭皮環境に悪いため、育毛剤の浸透率も下がってしまうようです。

髪の毛が生えやすくなる食べ物とは?

ナッツ類

実はナッツ類には豊富な脂肪分が含まれています。
しかしナッツ類の脂肪分は肉やジャンクフードに含まれている脂肪とは異なり、不飽和脂肪酸と呼ばれる人の身体に良い脂肪酸です。この不飽和脂肪酸を摂ることで適度な皮脂が保たれることになり、頭皮環境にとっても良い状態が作られます。

牡蠣

海のミルクとも言われる牡蠣には、髪の毛の栄養のひとつとなる亜鉛が豊富に含まれています。
一度に亜鉛が大量に摂れる牡蠣は、薄毛対策としてうってつけの食材となっています。
しかも牡蠣にはミネラルがたっぷり入っています。大量のミネラルは育毛にとっては欠かせないので、いっぱい牡蠣を食べる事をおすすめします。
おすすめレシピは生牡蠣(ミネラルが豊富なため)

生姜

他にもにんにくやトウガラシなどがありますが、これらのものには身体を温める効能を持ちます。
血管の拡張を助けるため、育毛剤が効果的に働きます。
その他にも生姜には抗酸化作用という効果があり、アンチエイジングや老化の防止にもなります。女性は意識して生姜を取るといいでしょう。
おすすめレシピはホットジンジャーティー、生姜鍋

大豆製品

ご存知のとおり、大豆には大豆イソフラボンは含まれています。大豆イソフラボンには女性エストロゲンと同じ働きをすると考えられています。
また、男性ホルモンの抑制にもなり、男性脱毛症を抑える効果もあると言われています。
おすすめレシピは豆乳ドリンク、スムージー

レバーやホルモン

レバーやホルモンは他に肉と違いそこまで脂肪はありません。
むしろこの2つには鉄分がたっぷりと入っているのでおすすめです。
他のお肉を食べるならレバーやホルモンを食べることをおすすめします。
おすすめレシピは焼きレバー、ホルモン鍋

【波平課長】
やっぱりおすすめは鍋や温かい食べ物が多くなるね。
冬は良いけど、夏はちょっときついかも。。
【フサ男さん】
そうですね。
ただ、夏に食べる冷たい物は血行を悪くして、血流の循環も悪くなるのでできるだけ避けた方がいいですよ!
つまり夏でも熱い食べ物の方が健康にはいいってことです♪♪

発毛・育毛に良い成分

ビタミン群

緑黄色野菜や果物、豚肉やうなぎなどに多く含まれているビタミン群は、髪の毛に与えるための栄養の素となっています。
ビタミンAやビタミンB、ビタミンCは髪にとって重要な成分なのでしっかりと意識して摂取しましょう。サプリを使うのも1つの手段だと思います。

タンパク質

納豆や鶏のササミなどに含まれている良質なたんぱく質は、髪の毛の組織を健康的に保つのに有効です。
他にも豆乳などの大豆製品ならたんぱく質はたくさん摂取ができます。

亜鉛

牡蠣に含まれていることで、育毛サプリメントなどでも有名です。
亜鉛を摂ることで、髪の毛そのものになるケラチンの生成を助けます。

【フサ男さん】
いかがでしたか?
食生活の改善がすぐには難しい場合は、上で紹介した増毛に効く成分が入った食べ物を食べる努力をするといいと思います。
もちろん食生活だけで改善は難しいと思います。
本当に髪の毛を昔のようにフサフサに生やしたいと思っているなら、以下の事も重要だと思います!
・育毛剤や育毛サプリなどのヘアケア製品毎日欠かさず使う。
・髪に良いシャンプーを使って、洗った後はしっかりと落とす。(⇒シャンプーの選び方はコチラ
・自宅、浴室での頭皮マッサージを毎日5分間は続ける。(⇒マッサージのコツを紹介しているページはコチラ