毛が生える部分と生えない部分の違い

薄毛対策中の方の中に、『どうしても髪の毛が生えない部分がある』と不思議に思われる方が幾人もいらっしゃるようです。
また、フサフサで健康な髪の毛の人でも、『不思議と髪の毛が生えにくい部分がある※』と気にされる人がいるようです。
※これは薄毛の前兆だとも言われていますので、現在健康な髪の毛の人も薄毛予防が必要な場合があります。

薄毛が気になっている人は早急に育毛剤でのケアをおすすめします。
育毛剤のケアって何をするの??と思っている人はこちら⇒

そのように、髪の毛が生える部分と生えない部分とが人間の頭皮にはあるようですが、そこにはどのような違いがあるのでしょか?

その疑問の答えを知るためには、毛が生える部分の状態を知ることが第一歩となります。
毛が生える部分がどんな状態であるかを知ることで、毛が生えない部分に髪の毛を生えさせるような状態に近づけることが出来るからです。

毛が生える部分

頭の皮脂が正常に分泌されている部分

皮脂が過剰に分泌されている頭皮では、皮脂で毛の根本がふさがれてしまい、せっかくの育毛剤の効果が半減し、毛が育ちにくくなってしまいます。
皮脂が適量分泌されていると、育った髪の毛も健全な状態になります。

頭部の血流の循環が良い部分

血流の循環が良いと、育毛剤が浸透しやすくなります。
また、血管を通して毛根内部に栄養が蓄積されていくので、育った髪の毛が一本一本太くなっていきます。

清潔で、カビなどの雑菌が繁殖していない部分

頭皮に潜む雑菌は、フケ・かゆみの原因だとも言われていますが、それを放置しておくと、最終的に抜け毛の原因にもなります。
雑菌が少ない頭皮になればなるほど、臭いやフケなどのない、きれいな頭皮になり、毛が生えやすくなります。

他にも要因があるようですが、大きく分けるとこの3つの状態が髪の毛が生える部分として適切な部分であると言われています。もしもこの状態でないと感じたら、今すぐ頭皮状態を改善しましょう。

逆に毛が生えにくい場所は??

逆に育毛剤をつけても髪の毛が生えにくい部分が必ずあります。その部分はなぜ毛が生えやすい部分と比べて生えにくい状態になっているのでしょうか?

髪の毛が生えにくい場所

湿気が多く、ムシムシしている

帽子やヘルメットをよく被る人に多くいます。この湿気が原因でカビや細菌の温床となります。
オシャレで夏場に冬用のニット帽をかぶっている人も将来を考えるならいまずぐ、メッシュ系のキャップや夏用のニット帽に変えることをおすすめします。
仕事でヘルメットをつける必要がある人はヘルメットと頭の間に通気性のいいクッションなどをいれることで頭の換気をしてあげましょう。
可能であればヘルメット自体を通気性のいいヘルメットに変えることをおすすめします。

マムート ヘルメット El Cap フラッシュ/アイアン 52-57cm 2220-00090-1118

マムート ヘルメット El Cap フラッシュ/アイアン 52-57cm 2220-00090-1118
今なら楽天カードに登録すれば5000ポイントもらえるようです。詳しくはコチラ⇒

髪の毛の端っこ

これは真ん中よりも毛細血管が少ない生え際や毛のラインの場所です。
こういった部分からだんだんと髪の毛が抜け始めるので、そういった部分は抜けやすく、生えにくいと言われています。

血流が悪い部分

血流が悪い部分って言われてもそんな部分わかるか!!!と怒りたくなると思いますが、おっしゃる通り、わかりません。
これがわかるなら最初からその部分の血流を良くする努力をします。

生え際、前髪は薄毛改善がしやすい?

正直、生え際や前髪といった前頭部の薄毛は改善が難しい箇所です。しかし、育毛のやりようによっては改善しやすい箇所に変化します。

まず初めになぜ、生え際の薄毛が改善しづらいのか?それは頭皮の硬さにあります。この場所は頭皮自体硬くなっており体の中でも極端に血管が少ない部分です。

また、肉厚もありませんから髪の毛の毛根が比較的皮膚の浅いところにあり、毛が抜けやすい状態を自然に作り出しているのが前髪の特徴です。

つまり、これを改善しやすくするには、生え際の皮膚を柔らかくし、数少ない毛細血管を拡張することが必要となるのです。

それには、頭皮マッサージが効果的です。一日2回必ず生え際をマッサージし皮膚を柔らかくします。

そして、育毛剤などに含まれる血管拡張成分を頭皮マッサージと一緒に毛穴からすり込んでいき、血管を拡張していきます。

そうすることで、生え際の皮膚は柔らかくなり、皮膚と頭蓋骨との間に遊びができ、頭皮が動かしやすくなります。ここまでこれば後は髪の毛が生えて成長するのを待つだけ。

これを毎日繰り返すことで生え際や前髪の薄毛が改善されていきます。

てっぺん・つむじ部分は薄毛改善がしやすい??

頭部のてっぺんやつむじ付近の薄毛は、生え際よりも比較的簡単に改善が可能です。

それは、生え際よりも頭皮が柔らかく、また皮膚に深みがあり血管が多くあるため。

ですから、ちょっとした頭皮マッサージと育毛剤の成分で個人差はあれど比較的短期間で改善が可能です。

ではなぜ、てっぺんやつむじが薄毛になるのか?

それは、この一帯の髪の毛の毛乳頭細胞にはアンドロゲン受容体といって、悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を吸収する受容体が多く存在するからです。

つまり、てっぺんやつむじの薄毛は悪玉男性ホルモンの影響を受けていることが、ほとんどだということです。

この、悪玉男性ホルモンを抑制するには、やはり育毛剤に含まれる男性ホルモン抑制成分が必要となります。

しかし、その成分と共に頭皮をマッサージし適切な育毛を施していけば、確実に生え際よりは早く薄毛が改善されます。

これも毎日の継続が必要になりますが、やってみる価値は大いにあります。

ただ、血流が悪くなっている可能性があるので、毎日の頭皮全体へのマッサージと育毛剤ケアは心がけた方が良いと思います。
チャップアップ

育毛剤チャップアップがオススメの理由

生え際やつむじの薄毛を効率よく改善するならば、毎日継続的に使用できる育毛剤がオススメです。

そして、育毛剤もしっかりと見極めて選ばなくてはいけません。育毛剤と一言で言ってもたくさんの種類があります。

例えば、ヘアトニックのような育毛剤。この場合、髪の毛が抜けないようにするための予防剤程度の効果、次に養毛を目的とした育毛剤。

これも現状ある髪の毛を健やかにするための薄毛予防目的で使用しますので、積極的な育毛や発毛には不向きです。

しかし、これらに含まれる成分も育毛をするうえで必要なものとなります。ですがすべてを買いそろえていると費用が馬鹿になりません。

そこで育毛成分や養毛成分が豊富に含まれた育毛剤チャップアップがオススメです。

チャップアップには育毛に必要不可欠なセンブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCといった成分を主成分とし、そのほかにも全44種類もの有効生薬が含まれます。

その中には漢方薬でお馴染みのものも含まれ、毎日継続する育毛には最適。

また、薄毛でお悩みの方にはチャップアップを購入したお客様にプロの毛髪診断士のアドバイスが無料で受けることもできるので安心して、なおかつ薄毛改善のための知識を吸収しながら毎日の育毛に取り組めるというメリットがあります。

同じ育毛剤を素人知識で使うのとプロの意見を参考に使うのとでは、雲泥の差がありますので、このサポートは重宝すると思います。

AGAクリニック ヘアメディカルがオススメの理由

生え際やつむじハゲは、悪玉男性ホルモンが原因であるAGAの可能性が非常に高いです。今や4人に1人の割合で発症するAGAは、発症率の高い現代病と言っても過言ではありません。

それを治療するには、専門の医師の治療がとにかく効果的。素人知識で治療するよりもちゃんとした専門医に診てもらうことで薄毛がより早く改善します。

例えば、あなたがステージ1の癌だったとします。でも病院に行けば比較的簡単な摘出治療で完治が可能。

でも薬を飲みながら自然治癒を待っていたら症状が悪化し、ついには末期癌になっていることも十分にあり得ます。

薄毛も同じで、薄くなったと感じたときが初期状態。その時に専門のAGAクリニックで診てもらえば比較的早い時期に薄毛が改善される可能性が高いです。

しかし、ネックになるのが費用。薄毛治療は自由診療となるため保険が適用しません。
そこでヘアメディカルというAGA専門のクリニックをご紹介します。

このクリニックの特徴はしっかりとした治療内容のわりに治療費が良心的。特別な治療は自己申告制になるため高額請求されることなく、安心してAGA治療が受けられる優良クリニックです。

専門医も元皮膚科医や内科医など通常の病院で勤務していたエキスパートぞろい。安心してAGA治療が受けられる専門クリニックです。