【遺伝の薄毛を改善する方法】育毛剤とAGAクリニックがはげに効果

皆さんは、「薄毛が遺伝する」という話を聞いたことがありますか?

私も、まだ薄毛に悩み始める前である20代後半の頃にその話を耳にしました。そして親の頭髪を見てみると……二人とも薄毛だったんです!!その時、「もしかしたら自分にも薄毛が遺伝するのかも?」と心配になりました。

実際、30代に入ってから薄毛に悩みだしたわけですが、それは果たして本当に遺伝のせいなのでしょうか?非常に気になったので、薄毛と遺伝の関係性について調べてみました!

「薄毛は遺伝する」というのは本当だった!

薄毛が遺伝するという話は、どうやら本当のようです。正確には「薄毛は遺伝する」のではなく、「遺伝する薄毛もある」と言った方がよいのかもしれません。

というのも、薄毛は一つの要因で起こるのではなく、様々な要因があると考えられているからです。ここでは、「遺伝する薄毛」がどのようなものなのか解説していきたいと思います。

遺伝の薄毛は全体の25%程度

調査の結果、遺伝する薄毛があるということが分かりました。しかし、現在薄毛に悩んでいる人の全員が遺伝による薄毛かというと、そうではありません。実際には、全体の25%程度が遺伝の薄毛だといわれているようです。つまり、遺伝ではない要素が原因で薄毛になるケースもあるということになります。

母方の親戚を見ればハゲる可能性が分かる

2005年にフランスのボン大学の研究チームが発表した内容によると、男性型脱毛症「AGA」を発症させる薄毛遺伝子がX染色体に含まれるということが判明したといいます。

遺伝の染色体にはXとYの2種類が存在しますが、このうち、Xの染色体は母親から受け継ぐものだと考えられているのです。このことからも、母方の親戚、主に母方の祖父を見ればハゲる可能性が高いかどうか分かるという説があります。母親はAGAにかかることはあまりないといえます。「隔世遺伝」の現象がみられるのが遺伝性薄毛の特徴ともいえるでしょう。

優性遺伝の影響で薄毛になる可能性も

母方の親戚に薄毛の人がいないからといって、薄毛になる可能性がないとは言い切れません。というのも、薄毛の原因になる5α‐リダクターゼという物質は、父親からも母親からも受け継がれる可能性のある「優性遺伝」だといわれているからです。ですから、母方の親戚がハゲていないからといって安心はできません。

遺伝ではない薄毛の原因は様々ある

遺伝の薄毛は全体の25%程度、つまり、遺伝ではない薄毛の方が可能性としては高いわけです。では、遺伝以外の薄毛の原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

まず、喫煙や過度な飲酒は髪の毛に悪影響を与えると考えられています。タバコは血液の巡りを悪くするといいますし、お酒の飲みすぎは脱毛成分を増加させるといいます。

他にも、頭皮環境を悪化させる脂っこい食事、血流を悪化させる運動不足、男性ホルモンの分泌を増加させるストレスなどが薄毛の原因になる可能性があります。母方、父方の親戚や家族にハゲがいなくても、生活習慣が悪ければハゲる場合があるということです。

遺伝の薄毛を対策・改善する方法とは?育毛剤やAGAクリニックが効果的!

「親がハゲているから、自分も将来ハゲるのでは?」
「薄毛が遺伝したのか、実際に薄毛に悩んでいる」

……という方もいらっしゃるでしょう。

遺伝の薄毛を対策、または改善する方法を知りたい、という方も多いと思います。

そこで、ここからは、遺伝の薄毛対策・改善していく方法をご紹介いたします!

遺伝子検査をすれば、遺伝の薄毛になるかどうかが分かる

親が薄毛かどうかはともかく、自分に遺伝の薄毛になる可能性があるかどうかを知りたいと思いませんか?「そんなことできるの?」と思うかもしれませんが、私が調べた結果、実際に遺伝の薄毛になるかどうかを知る方法を発見しました!

その方法とは、ズバリ「遺伝子検査」です。

遺伝子検査を行えば、遺伝の薄毛が発症するリスクを知ることができます。私がおすすめするのは、購入の際に遺伝子検査をする育毛剤ペルソナです。

遺伝子検査をクリニックで行うと費用と期間がかかる

遺伝子検査はクリニックでも行うことができますが、高額な上、検査結果が出るまでにひと月ほどの時間を必要とします。わざわざ出向かなければならず、血液や髪の毛、口の中の粘膜などから総合的な検査を行う必要があり、非常に大掛かりです。

また、費用は大体2万円~3万円前後かかるといわれています。

ペルソナ育毛剤なら遺伝子検査が簡単にできる

ペルソナ育毛剤の購入時に行う遺伝子検査は、送られてきた遺伝子キットの綿棒に口内の細胞を付着させるだけで完結します。あとは返信用封筒に入れて返送するだけ。必要なのはわずか数分のため、忙しい人や遠方のクリニックに行く時間のない人でも簡単に遺伝子検査が受けられます。

また、通常は遺伝子検査費用として27800円かかるのですが、ペルソナ育毛剤を6か月継続して定期購入すれば、遺伝子検査の費用が無料になります。

ペルソナ育毛剤の遺伝子検査は「SNP検査」と呼ばれ、ヘアサイクル・髪の太さ・頭皮の強さ・男性ホルモンの影響の受けやすさの4つの項目を測定することが可能。その結果を基に、その人その人に適した育毛剤を提供してもらうことができるのです!

ペルソナ育毛剤のレビュー記事はコチラ

ペルソナ育毛剤の遺伝子検査で遺伝ハゲを撃退!オリジナル育毛剤の強み

遺伝の薄毛に効果が期待できるのは育毛剤

遺伝の薄毛を予防したい、改善したいと考えているのであれば、やはり育毛剤を使用することをおすすめします。

もちろん、バランスの良い食事や十分な睡眠、適度な運動、ストレス解消などの日常生活の習慣も薄毛を予防、改善するのに無視できないポイントだと思います。しかし、肝心な頭皮環境が整っていなければ、薄毛はどんどん進行していってしまうでしょう。

頭皮環境を改善するために効果的なのが、育毛剤なんです!ここでは、育毛剤に期待できる効果を具体的に挙げていきたいと思います。

育毛剤には髪の成長をサポートする効果が期待できる

多くの育毛剤には、頭皮の血行を促進させる成分や髪の毛の成長をサポートする成分が含まれています。また、先ほどご紹介したペルソナ育毛剤や育毛剤で知名度NO1のチャップアップなどは、無添加であることが謳われています。

無添加というのは、合成香料や着色料、鉱物油、パラベン、シリコンなど頭皮の負担になる成分が含まれていないことを指します。これにより、頭皮にダメージを与えることなく髪の毛を成長させていくことが可能になります。

育毛剤には遺伝の薄毛を抑制する効果が期待できる

AGAは、髪の生成を阻害する男性ホルモン「DHT」の影響で起こるといわれています。男性ホルモンを「DHT」に変換する働きを持っているのが、優性遺伝である「5α‐リダクターゼ」なんだそうです。

育毛剤には、5α‐リダクターゼの活性を鈍くさせ、DHTの生成を抑制する効果が期待できる成分が含まれていることが多く、結果的に、遺伝による薄毛を抑えることが可能と考えられるのです。

育毛剤は効果が出るのに時間がかかる

育毛剤は、一般的に即効性のあるものとは考えらえていません。実際、多くの口コミでも最低半年、長くて一年程度使用を続けないと効果が得られないといわれています。

育毛剤の相場は、1本5000円~1万円となっています。最近では、定期コースに契約することで、毎回格安で購入できるものも増えています。費用の負担は少ないですが、効果が出るのに時間がかかるというデメリットがあります。

遺伝の薄毛を改善するにはAGAクリニックもおすすめ

いろいろな育毛剤を試してみたけど、どれも効果を感じられなかったという人は、もしかすると遺伝の要因が非常に強い薄毛なのかもしれません。また、すでにAGAがかなり進行してしまっている状態で、育毛剤では効果が弱すぎるという方は、AGAクリニックでの治療も視野に入れた方がよいでしょう。

AGAクリニックは効果が高く、即効性が期待できる

AGAクリニックで治療を行うと、ミノキシジルやフィナステリドなどの外用薬や内服薬を処方してもらうだけでなく、日常生活で薄毛改善に必要なことなどを指導してもらうことができます。

AGAクリニックに通うことで、医師から適切なアドバイスを受けながら医薬品を使用することが可能となり、高い育毛効果を感じることができるといいます。また、育毛剤に比べ、早い段階で効果を実感している方が多いのも特徴です。

AGAクリニックは費用が高い

高い効果が期待できる上、即効性を感じることもできることから、当然、費用は高額になる傾向にあります。

AGAクリニックの相場は、初回が10000円程度、再診が15000円~35000円程度だといわれています。発毛注射などを用いている所だと、1回10万円程度かかる場合もあります。通院するとなると費用がさらに高額になってしまうため、金銭的な余裕があることが前提となるでしょう。

AGAクリニックのおすすめランキングはコチラ

【AGAクリニックランキング】価格が安く口コミで人気クリニック13選

まとめ

以上が遺伝する薄毛のメカニズム、そして育毛剤やAGAクリニックなどの改善方法のご紹介となります。薄毛を育毛剤で改善するか、AGAクリニックで改善するかは、以下のまとめを参考になさってください。

育毛剤をおすすめするのはこんな人

  • マイペースにのんびりと薄毛を改善していきたい人
  • 薄毛の進行がそこまで進んでいない、遺伝的な要素が少ない人
  • 育毛にかける費用を最小限に抑えたい人

AGAクリニックをおすすめするのはこんな人

  • 薄毛の進行が著しく、すぐにでも育毛効果が欲しい人
  • 育毛剤では効果が感じられなかった、遺伝的な要素が強い人
  • 育毛にかける費用は惜しまないという人

遺伝以外のハゲの原因と対策

ハゲ 原因
ハゲ=遺伝だと思っている方が多いようです。
特に日本人の大半が遺伝的な原因がハゲだという調査結果もすぐに確認出来る世の中ですから、自分の薄毛が遺伝のせいだと思われる方が多いのも無理はありません。

しかしながら、
「父さんもおじいさんも、そのまたおじいさんもハゲだから俺もハゲ」
「お母さんって薄毛だったけど、私ももしかしてハゲてきてる?!」
「ハゲは遺伝って聞いたからもう諦めよう…」

こんな風に、自分のハゲを遺伝のせいにしていては、せっかく治るかもしれないハゲも、治せるタイミングを失ってしまいます。

実はハゲというのは遺伝以外にも様々な要因が絡み合い、それが元でハゲになる場合も多いのです。

ですから、そういった『遺伝以外のハゲの要因』を調べることで、自分の本当のハゲの原因や、また、そのハゲの要因を予防する方法などを知ることが可能となります。
それでは、ハゲの要因は、遺伝的なものの他に何があるのでしょうか?

遺伝以外のハゲの原因

要因となるのは食生活やストレス、その他様々なものがありますが、それらの要因の大元を辿っていった際、近年実態が露わになってきたのが、『AGA=男性型脱毛症』だと言われています。

AGAは男性型脱毛症という別名の通り、男性を中心として(※)男性ホルモンの増加による毛細胞の発達阻害によるものだ、と言われています。
※近年では女性にも多くみられるようになっています。

このように、遺伝以外にもAGAという要因がハゲと関与していることが判明しています。
遺伝要因のハゲにはそれなりの、またAGA要因のハゲにはそれなりの対策方法がありますので、自分のハゲ要因を見極めるのが、育毛対策の要だとも言えます。
entry4_99