育毛・発毛・植毛の違い どれがおすすめ?

育毛、発毛、植毛の違い
日本で行われている育毛対策には数々の方法が存在します。

その中でも、

○育毛
○発毛
○植毛

に関しては特に有名で、薄毛対策に馴染の無い方にもその手法が知られていますが、それぞれの対策方法の詳しい点についてご存じの方は少ないようです。
そのため、薄毛対策をしようとされる方が誤った育毛対策を始めてしまう危険もあります。

そこで今回は、薄毛対策を始められた方に、また、育毛対策を始めてみたがそろそろ別な対策方法に切り替えようとされている方に、育毛・発毛・植毛の3つの方法の違いについて、それぞれ説明していきます。

育毛

育毛とは、その名の通り髪の毛を育てることを指しますが、元々全く毛が無い部分の頭皮に刺激を与えるということではなく、
ある程度(うぶげ程度でも)毛髪が生えている場所に対し、主に育毛剤を使用したり、育毛マッサージを行うなどして育毛を行います。

発毛

毛の無い場所=毛細胞が全く働いていない状態の箇所に対し刺激をし、毛細胞を活発化して、毛髪そのものを生えさせようとする行為です。
一般に、育毛と混同されていることも多いようですが、基本的には育毛と発毛は刺激を行う場所が異なります。

※一部の育毛剤には、発毛促進効果が含まれているものもあります。

植毛

自分の毛、もしくは人口の毛を用いて、頭皮の毛根付近に埋め込むことを指します。
人工皮膚に人口毛や人毛を埋め込み、それを自分の頭皮にかぶせる“かつら”などとは区別されています。

結局どれがいいの?

さて、以上が3つの薄毛対策の大まかな違いですが、おすすめはやはり育毛です。

この3種類の中では一番頭皮に負担がかかりませんし、トータルで見た場合の大よそのコストも安価で済ませられます。

もちろん、全く毛が生えてくる気配が無い場合や、お金がかかっても良いのでどうしても数か月以内にフサフサにしたいという場合は、育毛以外の手段を考慮に入れてみるのも一つの手段です。
entry16_99