育毛剤 ハゲ 悪化

育毛剤でハゲが悪化する原因

育毛剤 ハゲ
決められた回数、また正しいタイミングで育毛剤を使っているのにも関わらず、育毛剤を使っていたらハゲがどんどん増えてしまった、というような方も中にはいるようです。

 

そういった場合のハゲの原因は育毛剤なのでしょうか?
ここでは、育毛剤の使用後に起きるハゲについてご説明します。

 

育毛剤を正しく使っているのに起きるハゲ 3つの原因

 

育毛剤を一回に使う量が多すぎる

正しく使っているようで使えていない例の1つです。

 

育毛剤を使用するタイミングや回数を守っている。
それでもハゲが増える場合、一つには一回に使う育毛剤の量が多すぎるという原因が考えられます。

 

育毛剤にはそれぞれ適した使用量が決められていますが、育毛効果を望むあまり、自分でも気が付かない間に量が少しずつ増えてしまっていることもあるようです。

 

量が増えると、人によっては体質的に頭皮が刺激を受け過ぎることとなり、ハゲが増えてしまう原因となります。

 

育毛剤に頼り過ぎてしまい、育毛剤以外の薄毛対策が出来ていない

育毛剤は、育毛を促進する効果がありますが、ほとんどの育毛剤は他の育毛対策をきちんと行っている人を想定した上で作られています。

 

ですから、育毛剤以外には自分で何一つ努力していない人には育毛剤の効果が表れにくいばかりか、いい加減な生活を送ることで以前よりも薄毛が広がってしまうことが考えられます。

 

使っている育毛剤自体に問題がある

無添加ではない育毛剤に多いことですが、体質的に育毛剤に含まれる成分が合っていない人もいます。

 

多くは購入後にハゲが増えてしまってから気づくので、勿体ないなどの理由でそのまま使い続けてしまい、ハゲを増加させることとなる場合もあります。
ハゲが増えてきたら、すぐに使用を中止するなどの対処が必要です。

 

育毛剤の使用を途中で止めてしまう

 

育毛剤の効果の実感に至るまでに、最低1ヶ月待つ必要がありますが、
育毛剤の効果が出るまでに使用を中止してしまうケースも逆効果につながっていきます。

 

髪の毛や地肌に悪い行動を取ってしまう

 

これは、ある程度育毛剤の効果が出てきた人に多い行動です。

 

育毛剤を1ヶ月~2、3ヶ月も使っていると使用効果が出てきます。
すると、少しずつ自信が回復してくることで、

 

・帽子やヘルメットをかぶる
・髪の毛を染める・脱色する
・パーマをかける
・夜更かしをする

 

などの、ハゲに直結する行動をも再び行ってしまう人も・・・。

 

育毛剤の効果がある程度実感できても、ハゲ直結への道を歩んでいてはすぐに元の状態に戻ってしまうのです。

 

育毛剤に合ったサプリを飲んでいない

 

人によっては育毛サプリメントと併せて育毛剤を使用することで、イメージ通りの育毛効果が期待できる人もいます。

 

体の内側の変化が必要な人は、育毛サプリが不足している可能性も。

 

・生活習慣が悪い
・肉食が好き
・運動が嫌い

 

などのハゲ要素がある人は、育毛サプリを育毛対策に加えてみるのも良いでしょう。

 

 

絶対チェック!逆効果になる可能性がある成分

 

安くて手軽に買える市販の育毛剤の中には、

 

・ラウリル硫酸ナトリウム
欧米諸国では人体に危険が及ぶとの判断で使用を禁止している成分
白内障や発がん性物質などを認める国も

 

・パラベン
防腐剤の一種
旧指定成分にも含まれていた

 

他にも、
・香料
・着色料
・シリコン

 

など、本来は髪の毛や地肌にとって悪いはずの薬剤を使用しているものも少なくありません。

 

肌が強くハゲの兆候が全くない人には副作用の少ない成分だとも言われていますが、
ハゲ対策中の人の髪の毛にとって百害あっても一利なしであることは言うまでもありませんね。

 

自分にあった成分ってあるの?

例えば育毛剤を使用し続けている人を見ても、1ヶ月で10代の頃のような髪の毛が復活する人もいれば、半年でようやく産毛が生える人も中にはいます。つまり、『この成分が絶対にあなたに良い』と断言できる成分は99%無いと断言できるのです。
しかし、ほとんどの人の髪の毛に効果があると実証されている育毛成分ならば、現在も確立されています。

 

そこで次に、効果の強い育毛成分について見ていきましょう。

センブリエキス

漢方薬の一種で、比較的安全性の高い植物系の育毛成分です。
血液の循環を良くし頭皮の血行を促進するため、発毛につながります。

 

オウゴンエキス

AGA系ハゲ対策に非常に重要な作用を与えるのがオウゴンエキスです。
男性ホルモンの抑制に関わるため、結果的に抜け毛を減らします。

 

クロレラエキス

栄養成分が凝縮されたクロレラエキスを摂取することで、
髪の毛をつくり出す場所=毛乳頭に栄養が浸透し、髪の毛がフサフサになるとされています。
血行を良くする成分としても知られています。

 

亜鉛

髪の毛の主要な成分タンパク質の生成に関わるのが亜鉛です。
亜鉛がなければ抜け毛が増え、新しい髪の毛も生えないと言われています。

 

他にも多数の有効な育毛成分がありますが、
最初に迷った際には、この4種類が含まれ、かつ添加物の少ない育毛剤をお勧めします。

 

もしも逆効果になった場合の対策方法

 

市販の育毛剤を使っているほとんどの人が、

 

・抜ける
・生えてこない
・薬剤まけしてしまう

 

などの逆効果を経験しています。

 

もしもみなさんがそうした状況に陥ってしまったら、すぐに使用を中止し、効き目があるもしくは髪の毛に悪い成分が入っていない安全な育毛剤に変更しましょう。

 

結論

 

数ヵ月の使用とその間のコストはバカにできません。
そこでこちらでは、

 

・1ヶ月以上に効果が実感できなければ返金してくれる制度がある
・無添加&無香料
・頭皮にやさしい植物系のエキスが豊富に含まれている

 

というコスパの良さと頭皮&髪の毛への安全性から、
チャップアップの使用を強くオススメしています。

 

逆効果を心配したりコストをかけて後悔してしまうよりも、
初めからコスパの良さや満足度の高さで選択する方が得策だと言えますね。

 

⇒安心・安全の育毛剤チャップアップについてもっと知りたい人はコチラ

育毛剤の使い方を間違えていませんか??

育毛剤 注意点
しかし、『自分はハゲている』ということを自覚し、自分の頭皮状態に目を向けることは、育毛対策を続けるに当たって非常に大切です。
ハゲを無視することなく、まずは自覚し正しく育毛剤を使い続けることで、まだまだチャンスのある毛髪に活力を与えることが出来るからです。

 

しかし、育毛対策を続けている人の中にも正しい育毛対策を行えていない人が増えているようです。
それはどういった人でしょうか?
また、育毛剤を使うにあたっての注意点は何なのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

 

育毛剤の使い方を間違えているハゲの人とは?

育毛剤に頼りっ切り

このようなハゲの人は、日常的にも面倒臭がりなタイプの人が多いようです。
確かにストレスを溜めこんでしまうのは良くありませんが、ある程度自分でも生活を改善しないことには育毛剤の力だけで毛髪は育ちません。

 

脂っこい食事を続けている人の皮脂が無くならない、アルコールを取っている人の血流が悪い、などという場合には、いくら育毛剤を使い続けてもムダなのです。

 

育毛剤を大量に使用

現在発売されているものの中で、大量に付ければ良い、という育毛剤はほとんど無に等しいでしょう。
決められた手法で、決められた使用量を正しく守ることを想定し作られているため、育毛剤を大量に使用すると副作用を引き起こす場合もあります。

 

育毛剤を数種類組み合わせて使用

いわゆるちゃんぽん状態ですが、これは非常に危険です。
育毛剤は、医師の診断が無い限り、一本に絞って使う必要があります。
混ぜ合わせて使用すると、最悪アレルギーやショックなどの副作用が起こってしまう危険性があります。

 

以上の項目に該当する人は育毛剤を使用しても効果が思うように発揮せず、最悪副作用で頭皮が荒れる可能性もあります。他にもストレスからくる円形脱毛症などは育毛剤では治りませんので医師の治療に従うことをおすすめします。

 

entry12_99

育毛の気になる記事をクリック♪♪

カテゴリ
生え際free つむじfree 男性型脱毛症free

薄毛のケアにおすすめの育毛剤

チャップアップfree ブブカfree フィンジアfree
ポリピュアEXfree イクオスfree 薬用プランテルfree
カテゴリ
育毛サプリfree AGAクリニックfree 育毛シャンプーfree

人気のAGAクリニック&体験談

ヘアメディカルfree 銀座総合クリニックfree AGA治療体験談free
カテゴリ
副作用free 軟毛ケアfree 敏感肌free
カテゴリ
妊娠中free 30代女性free 40代女性free

おすすめ女性用育毛剤

ベルタ育毛剤free マイナチュレ育毛剤free