界面活性剤 ハゲ

界面活性剤の真実 薄毛やハゲとどんな関係があるの?

界面活性剤の真実 薄毛やハゲとどんな関係があるの?

 

界面活性剤について紹介します。
また界面活性剤の影響で髪の薄毛やハゲにどんな影響があるのかを紹介します。

 

まず界面活性剤ってなに?

“界面活性剤”というのは、そもそもどのようなものなのでしょうか。

 

よく化粧品の広告等に、「界面活性剤不使用なのでお肌にやさしい」などというフレーズを目にすることがあると思いますが、なにか悪者扱いされている雰囲気が拭えず、とにかく肌に良くない成分らしい、というイメージが強いと思います。

 

しかし、界面活性剤は必ずしもそれ自体が悪者だということではありません。

界面活性剤の“界”は“境界”の“界“です。つまり、ごくシンプルに言えば、界面活性剤とは異なる物質の境界面に働きかけ、それらの物質の性質を変えて本来混じり合わない物質同士を混ぜ合わせる働きがある物質の総称です。

一つの分子に親水性と親油性の二つの性質を併せ持つため、水と油を混ぜ合わせることができます。界面活性剤には、湿潤作用、浸透作用、分散作用、乳化作用、起泡作用、洗浄作用があります。これらの働きが、洗剤、化粧品、食品等、多岐にわたる用途に用いられています。

 

界面活性剤は肌に良くない?

界面活性剤はとかく肌によくないという印象が強いですが、肌にダメージを与えるのは、洗浄剤として使用されるものだけです。また、洗浄剤の種類によっても、それほど心配する必要のないものもありますので、「界面活性剤すなわち肌に良くない」と考え、全てを毛嫌いしてしまうのは早計です。

 

界面活性剤にもいろいろな種類があり、自然界に存在し、牛乳に含まれるガゼイン、卵黄や大豆に含まれるレシチン、大豆、茶、ヘチマ等に含まれるサポニンも、食品やサプリメントにも使用される天然の界面活性剤です。

 

このような天然物以外は、化学的には全て合成界面活性剤という括りになりますが、“合成”と聞くと全てが悪いように感じる人もいるかと思いますが、そうとも限りません。合成界面活性剤にも原料によって様々な種類があり、頭皮への刺激性にもそれぞれ違いがあります。

 

洗浄剤に使用される界面活性剤には、天然由来の石鹸系・脂肪酸エステル系・アミノ酸系・高級アルコール系、石油由来の高級アルコール系・石油系の界面活性剤があります。

 

これらのうち、頭皮への刺激や毒性が特に問題になるのは石油由来の高級アルコール系・石油系の界面活性剤です。

 

界面活性剤 髪にどんな働きをしている?

洗髪の際、汗や埃等の油分を含まない汚れはお湯だけでもかなり洗い落すことができますが、皮脂汚れや整髪料等を洗い落とすには洗浄剤の力を借りる必要があります。

 

シャンプーに配合されている界面活性剤は、髪と皮脂汚れ、皮脂汚れとお湯、頭皮と汚れ、等のさまざまな(境)界面に働きかけます。髪や頭皮の汚れや頭皮に吸着し、浸透作用によって汚れと髪や頭皮の間に入りこんで汚れを引きはがし、乳化作用・分散作用によって汚れをシャンプー液やお湯のなかに溶かし込んで髪や頭皮を清浄にするのです。

 

界面活性剤には2つの種類があります。

 

界面活性剤の中には石油系の界面活性剤植物系の界面活性剤があります。
この2つは大きく違い、これの違いによって髪の毛にも大きな影響を与えています。

 

石油系界面活性剤

石油由来の高級アルコール系・石油系の界面活性剤が配合されたシャンプーは安価で種類も多く、市場にも最も多く出回っています。

 

表示成分名

ラウリル硫酸ナトリウムラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリルスルホン酸ナトリウム、キシレンスルホン酸ナトリウム、スルホン酸ナトリウム、パレス-3硫酸ナトリウム、パレス-3硫酸アンモニウムなど。

 

これらの成分は、台所用洗剤や、歯磨き剤にもよく配合されていますが、洗浄力があまりにも強いため、皮脂を必要以上に奪い、肌のバリア機能を低下させ、痒みや炎症を起こすなど、頭皮の健康を損なう可能性もあります。

 

そして頭皮へのダメージが蓄積すると毛根が弱り、抜け毛や脱毛をまねく可能性も出てきます。また、経皮毒として皮膚に浸透して皮下組織に残留し、またはリンパ管を通って全身を駆け巡り、肝機能障害などを引き起こしたりする場合もあるといわれています。ちなみに女性の場合ですが、頭皮から浸透した有害物質が、子宮まで届くのにかかる時間はなんと40秒だということです。

 

また、注意点として付け加えたいのが、“石油系”界面活性剤の原料が石油よりも加工がカンタンな植物オイルである可能性が大いにあることです。石油系に分類されるべき洗浄剤を使用していても“原料は植物由来”と謳うことができるので、石油系・植物系の括りのトリックにはまってしまう危険性もあるので、“植物原料”だと思って安心して購入したら実は石油系の構造だった、という可能性もあります。

 

ですので、商品選択の際は、あくまで成分名をしっかりとチェックすることが必要なのです。

 

植物系の界面活性剤の特徴

天然由来(通称植物系)と呼ばれるのは、石鹸系・脂肪酸エステル系・アミノ酸系の界面活性剤です。

 

表示成分名

ラウリン酸Na、ステアリン酸Na、オレイン酸Na、脂肪酸エステル系の表示成分名は、ラウリン酸スクロース、ラウリン酸スクロース、ミリスチン酸スクロースなど、そしてアミノ酸系の表示成分名はココイルグルタミンン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNaなど

 

いずれも低刺激で、使用量を極端に誤ったりしない限りは、皮脂を奪いすぎたり、頭皮の乾燥を招いたりする心配は殆どありません。

特にアミノ酸系シャンプーは、髪や皮膚をつくるタンパク質を構成するのもアミノ酸であることから、最も髪や頭皮への刺激が少なく、敏感肌の人や、頭皮トラブルがある場合でも安心して使用できるので皮膚医学的にも推奨されます。

しかしこれらのタイプの洗浄剤が配合されているシャンプーは、大量生産が不可能であるため、サロン専売となっていたり、一般のドラッグストア等実店舗ではあまり売られていなかったりすること、石油系に比べて価格がかなり高価であることなどがデメリットといえばデメリットです。

 

 

entry112_99