育毛剤 タイミン

育毛剤をつけるタイミングと回数

育毛剤 たミング
育毛剤を1日につける回数はだいたい決まっております。また育毛剤をつけるタイミングもあり、それを間違えると副作用の原因となったり、効果が半減したりします。
使用頻度とタイミングを理解し育毛効果を高めましょう。

 

使用回数の基本

育毛剤をつける回数は1日に2回、多くとも3回です。
多くの育毛剤は付ければ付けるほど効果が出るわけではありません。
稀に、ごく一部の育毛剤の説明によれば、1日に何度も使用することを勧告する商品もあるようですが、そういった育毛剤には注意も必要です。

 

それはほとんどの育毛剤の場合、育毛剤中の成分が頭皮に浸透していく時間と、その育毛剤が効果を発揮している時間が決まっています。

 

浸透時間は育毛剤の種類によっても変わりますが、1分程度で浸透するものから20~30分以上かかるものが多いようです。

 

また、育毛剤成分が毛根の毛細胞に作用する時間もバラバラで、3~4時間ほどのものから最長10時間作用する!というものまで様々です。

 

 

以上の内容を考慮に入れると、育毛剤を日に何度も使えば良いという考えは無くなるはずです。
それは、育毛剤が浸透し作用する時間により、それぞれの育毛剤は“次に付けるべきタイミング”が異なるからです。

 

単純計算すれば、仮に10時間作用がある育毛剤ならば、その後10時間は付けない方が良いということになります。

 

付け過ぎた場合は、逆に副作用が出てしまうなどの悪影響もあり得ますので、十分に注意しましょう。

 

使用のタイミング

育毛剤によっても異なる場合がありますが、基本的には朝と夜が望ましいと言われています。
その理由は、頭皮の毛穴が開きやすい時間帯が、主に朝と夜だからです。

 

夜は入浴後に身体が温まっているため頭皮の毛穴も開きます。
また朝は、朝ごはんによる身体の目覚めにより、身体中の血液の循環が良くなっています。

 

この2回のタイミングを見計らって、より効果を発揮させられる時間帯に育毛剤を付けていきましょう。

育毛剤をつけるタイミング

朝・・・朝食後の身体の血液の循環が良くなっている時
夜・・・入浴後の身体が暖まり頭皮が開いている時

 

育毛剤のつけすぎで肌が荒れる場合もあります。

早く毛が生えて欲しいから育毛剤を使用量以上に使う人がいますが、これは非常に危険な行為なのでやめましょう。
頭皮のかぶれ、毛根・頭皮へのダメージ、費用の増大などいいことは一つもありません。

育毛剤の正しいつけたと効果的なタイミング

育毛剤 正しいつけかた
薄毛対策初心者の皆さん、また、育毛対策を続けても効果が実感出来ていないという皆さん、ここで初心に帰り、育毛剤の正しいつけ方とタイミングをマスターしましょう!

 

育毛剤を付けるタイミングは?

育毛剤は基本的に、朝と夜付けます。
昼に付けることを勧める育毛剤もありますから、その場合には昼にも育毛剤を付けましょう。
朝はこれから身体が温まろうとする時間帯ですから、頭皮の血行が良くなっており、育毛剤が浸透しやすくなります。

 

夜は身体が冷えてくる時間ですが、入浴で身体を温めることで血行を良くすれば、育毛剤の効果が上がります。

 

育毛剤の付け方~つける前に~

育毛剤を付ける前に、育毛剤が浸透しやすくなるよう準備が必要となります。
朝と夜で方法が若干異なりますが、簡単な準備ですから正しく行いましょう。

 

朝には洗髪を改めてする必要はありません。
眠っている間に溜まったホコリをクシなどで落とし、時間があれば頭皮マッサージを施しましょう。

 

お風呂では入念に洗髪します。
爪を立てず、指の腹で地肌をマッサージするように洗いましょう。
洗髪後は丁寧に洗い流し、ドライヤーを使ってしっかりと乾燥させます。

 

育毛剤の付け方

ミストやジェル、クリームなど形状が違いますが、基本的には髪の毛を軽く持ちあげながら、地肌に密着するよう育毛剤を付けます。
毛根の隙間から育毛剤が浸透していくようなイメージで付けますが、使用量を守りながら付け過ぎには注意しましょう。

 

※付け方が指定されている場合にはそれぞれの育毛剤の使用方法を順守してください。

育毛剤を付けた後

育毛マッサージを行います。頭のコリをほぐすようにまんべんなく指の腹でもんであげるといいでしょう。またヘッドマッサージのようなグッズが100均でも変えるのでそれらを使うのもいいと思います。

 

entry11_99